スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都京都の文化財その六 清水寺(きよみずでら)の国宝と地図

まずは「清水寺」の動画をご覧ください。




2008.4.12 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅を今、2009.8.10の更新しています。
情けない話ですが、面倒になってました。
でもここまで書いてきたブログなのでこのままではいけないと思いまた再開します。
一年前の記憶をたどりながら書いていきます。
「南禅寺」を後にした僕は再び車を走らせてこの日の最終目的地「清水寺」へ。
駐車場をようやく見つけ、さあ清水へと思って車を降りたところに「知恩院」が。
これは絶対行かなければと思ったんですが、拝観時間がなんと終わっていました。
残念!ひょっとして清水も...。
と、思ったとたん走り出していました。
とにかく清水の舞台だけは見ておかないと...。
まったく周りの様子や雰囲気を楽しむ暇もなく坂を駆け足で駆け上っていく僕でした。

「清水寺」は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつです。

世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)竜安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。

まったく雰囲気を楽しむことなく坂を登りきると「清水寺」です。
2008.04.12 清水寺

まあ清水寺には過去2回来ている僕ですがやっぱりすばらしいお寺です。





清水寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にあるお寺です。山号を音羽山。本尊は千手観音、開基は延鎮です。
清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れます。
宝亀9年(778年)、大和国興福寺の僧で子島寺で修行していた賢心(後に延鎮と改名)は、夢のお告げで北へ向かい、山城国愛宕郡八坂郷の東山、今の清水寺の地である音羽山に至りました。金色の水流を見出した賢心がその源をたどっていくと、そこにはこの山に篭って滝行を行い、千手観音を念じ続けている行叡居士(ぎょうえいこじ)という白衣の修行者がいた。年齢200歳になるという行叡居士は賢心に「私はあなたが来るのを長年待っていた。自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」と言い残し、去っていった。行叡は観音の化身であったと悟った賢心は、行叡が残していった霊木に千手観音像を刻み、行叡の旧庵に安置した。これが清水寺の始まりであるということです。
その2年後の宝亀11年(780年)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込んだ坂上田村麻呂(758年‐811年)は、修行中の賢心に出会った。田村麻呂は妻の高子の病気平癒のため、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来たのであるが、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために自邸を本堂として寄進したという。後に征夷大将軍となり、東国の蝦夷平定を命じられた田村麻呂は、若武者と老僧(観音の使者である毘沙門天と地蔵菩薩の化身)の加勢を得て戦いに勝利し、無事に都に帰ることができた。延暦17年(798年)、田村麻呂は延鎮(もとの賢心)と協力して本堂を大規模に改築し、観音像の脇侍として地蔵菩薩と毘沙門天の像を造り、ともに祀った、という。以上の縁起により、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と位置づけています。

ここで僕の大好きな国宝のご紹介。
建造物
*本堂
以上

はっきりいってこのとき僕は疲れ果てていました。
朝早くから滋賀、京都と車を走らせ...。
このときの僕はもうあちこち探索する元気を失っていました。
しかし本堂だけはきっちり見ておかないとと思い本堂を抜けて一番のスポットへ。
清水寺 本堂
国宝「清水寺本堂」

国宝「清水寺本堂」(きよみずでらほんどう)
寛永10(1633)
本宇桁行九間、梁間七間、一重、寄棟造、東西北にもこし付、
正面両翼廊及び庇、舞台、西面翼廊付、総檜皮葺
徳川家光の寄進により寛永10年(1633年)に再建されたものだそうです。「清水の舞台」とも呼ばれる。屋根は寄棟造、檜皮葺きで、正面(南面)左右に入母屋造の翼廊が突き出し、外観に変化を与えている。建物の前半部分は山の斜面にせり出すようにして建てられ、多くの長大な柱(139本という)が「舞台」と呼ばれるせり出し部分を支えている(釘は使われていない)。このような構造を「懸造(かけづくり)」、あるいは「舞台造」と言い、観音菩薩は補陀洛山(ふだらくさん)に現われるという『法華経』「観世音菩薩普門品」(観音経)の所説に基づくものだそうです。なお、同じく観音霊場である「長谷寺」「石山寺」の本堂も同様の「懸造」だそうです。

やっぱり素晴らしいです。
疲れもふっとびます。
行った事のない方、ぜひ一度はこの清水の舞台を見ておいてください。
できれば桜の時期か紅葉の時に。

本堂以外にも経書堂(きょうかくどう)、大日堂、仁王門、馬駐、西門、三重塔、随求堂(ずいぐどう)、経堂、田村堂、朝倉堂、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院、音羽の滝、子安塔、地主神社、大講堂等たくさん見るところはありますよ。
なんといっても京都のメインスポットですもんね。

僕の撮った写真ではないんですが、列島宝物館さんからお借りした写真でどうぞ!

清水寺
仁王門
清水寺
馬駐
清水寺
鐘楼
清水寺
西門
清水寺
三重塔
清水寺
経堂
清水寺
田村堂
清水寺
朝倉堂
清水寺
轟門
清水寺
本坊北総門
清水寺
鎮守堂
清水寺
釈迦堂
清水寺
阿弥陀堂
清水寺
奥院
清水寺
子安塔


今回の清水はちょっと早足でゆっくりすることもできませんでしたが、この次はもっといっぱい写真も撮ろうとおもいます。

これで2008.4.12 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅は終わりです。

何度も言いますが、今は2009.8.10です。
去年のことを今頃更新しているだらしないぼくです。

実はこのあと和歌山の高野山も旅したのですが、それもまたいずれ書きたいと思っています。

とりあえずは、今週京都へまた行ってみようと思っているのです。

その旅をまずは書いていけたらなあと思っています。

またお会いしたいと思います。

それではまた!

「清水寺」公式ホームページへ

拝観料 本堂拝観料 大人300円、小・中学生200円(夜の特別拝観料大人400円、小・中学生200円)

駐車場 あります 有料

時間 6:00~18:00(庭の特別拝観は18:30~21:30)


大きな地図で見る






じゃらん.netで京都の宿をチェックする


2008.4.12 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅   
下鴨神社 南禅寺 清水寺

2010.3.27の清水寺探索記へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。