スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

番外編 西国三十三箇所巡礼 第二番札所 紀三井山 護国院(ごこくいん)(紀三井寺) の御朱印

まずは護国院(紀三井寺)の様子を動画でご覧ください。

動画を見るには画面真ん中をクリックしてください。


2012.2.11 「西国三十三箇所巡礼」の続きをご紹介します。

「粉河寺」を後にした僕は次の目的地「護国院」を目指し再びカーナビ君の言うがままに車を走らせました。

さすがにここからは和歌山でも市内へ向かいますのであかぬけた道を走りました。

結構和歌山も開けてきたなというのが実感です。

途中「すき家」で昼食をとり再び車に乗りようやく「護国院」の駐車場に到着しました。

ここ「護国院」は和歌山市内でも本当に街中の小高い所にあります。

駐車場に車を止めて早速「護国院」へ。

電車の踏切を超えてまっすぐ行くと何軒かのお土産屋さんが軒を連ね、その先の少し高いところに朱塗りの門が見えて来ます。

紀三井寺


紀三井寺


紀三井寺


ここで「ウィキペディア」の説明文を引用して「護国院」(紀三井寺)について


紀三井寺(きみいでら)は、和歌山県和歌山市紀三井寺にある仏教寺院。正式名は紀三井山金剛宝寺護国院。西国三十三箇所第2番札所。

寺号は詳しくは紀三井山金剛宝寺護国院と称し、宗教法人としての公称は「護国院」であるが、古くから「紀三井寺」の名で知られる。宗派はもと真言宗山階派に属したが、1948年に独立して救世観音宗総本山を名乗る。本尊は十一面観音で、西国三十三箇所観音霊場の第2番札所である。

伽藍は山の中腹にあって、境内から和歌山市街を一望できる。山内に涌く三井水(吉祥水・清浄水・楊柳水)は、「名水百選」に選ばれている。また、境内は関西一の早咲き桜として知られており、観桜の名所として名高く、日本さくら名所100選にも選ばれている。

歴史

伝承によれば、宝亀元年(770年)、唐僧の為光が、日本各地を行脚していた時、名草山山頂から一筋の光が発せられているのを見た。光の元をたどって名草山に登った為光は、そこで金色の千手観音を感得した。為光は自ら観音像を彫刻し、胎内仏としてその金色千手観音像を奉納し、草堂を造って安置したのが紀三井寺の始まりであるという。名草山に三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)があることから「紀三井山」という山号になったといわれるが、『紀伊続風土記』では付近の地名「毛見(けみ)」が転じたものとされている。

真言宗山階派勧修寺の末寺であったが、昭和23年(1948年)3月20日、救世観音宗を開創して本山より独立した。


ここで護国院の御朱印です。

紀三井寺


そして御詠歌です。

「ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん」

そして御本尊は

「十一面観世音菩薩」

です。


ここ「護国院」は一般には「紀三井寺」(きみいでら)というほうがみなさんにはなじみが深いと思います。

が僕は基本正式名「金剛宝寺護国院」宗教法人としての公称「護国院」でいきます。

僕の持っている「西国三十三霊場納経帖」では「金剛宝寺」となってます。

お寺の名前って結構ややこしいですよね。

さてここ「護国院」も先ほど行った「粉河寺」同様かなり大きなお寺です。

名前だけはこんな僕でも知っていましたから。

「楼門」をくぐるとかなりの急勾配の階段が待ち受けていました。

境内中心部までは231段あるそうです。

坂道や階段が好きではない僕には過酷な道のりです。

途中にいくつかのお堂と井戸があります。

紀三井寺

紀三井寺

紀三井寺


紀三井寺
「清浄水」


ここ「護国院」では通称「紀三井寺」の寺名の元となった「三井水」が有名だそうです。

紀三井寺の寺名のもととなったとされる「清浄水」「楊柳水」「吉祥水」の3つの湧き水である。紀三井寺の三井水として(1985年〈昭和60年〉選定)名水百選に定められている。清浄水は参道石段の途中右側にある小滝である。楊柳水はそこから小道を入った突き当たりにある井戸。吉祥水は境内からいったん楼門を出て右(北)へ数百メートル行ったところにある井戸である。楊柳水と吉祥水は荒廃していたのを20世紀末に復旧整備したものである。

紀三井寺

紀三井寺

紀三井寺


まあ坂道も階段も嫌いですけど、途中これだけの建物がありますので飽きることなく上まで登ることが出来ました。

まあ一汗かきましたが頂上の伽藍の中心部分に到着しました。

階段を登りきった右側には「仏殿」があります。

紀三井寺
「仏殿」


鉄筋コンクリート造3階建の新仏殿で、建物全体の形は五輪塔に擬している。2000年に起工し、2002年に竣工。高さ25メートル。内部には高さ12メートルの木造千手観音立像(寺では「大千手十一面観世音菩薩像」と呼ぶ)を安置する。この観音像は仏師松本明慶の工房の作品で、京都の工房で制作した寄木造の像を現地で組み上げたものである。耐震性を考慮して、内部には鉄製の心棒を立て、枠木で像を固定している。寺では、寄木の立像としては日本一のものであるとしている。像は2002年から制作を開始し、2007年に完成、2008年5月21日に入仏落慶供養が行われた。

ここに安置されている観音様は日本一だそうです。

黄金に光り輝く巨大な観音様で建物の3階まで登るとちょうどお顔のあたりの高さで見ることができます。

観音様もさることながら、この「仏殿」から見る景色も最高でした。

紀三井寺


海も見れますし、和歌山市内が一望出来ます。

さあそしていよいよこの日最後の観音様です。

階段を登りきった左側の一番奥に「本堂」があります。

紀三井寺
「護国院本堂」

紀三井寺


これまた立派な「本堂」でした。

そしてここでお目当ての御朱印をいただきました。

ここ「護国院」の御本尊「十一面観世音菩薩」は「本堂」の裏手に棟続きに建つ「大光明殿」に安置される秘仏だそうです。

殿内中央の厨子内には向かって左に十一面観音像、右に千手観音像が安置される。紀三井寺の本尊とされるのは十一面観音像だが、千手観音像も本尊と同様に崇敬されている。両像とも50年に一度開扉の秘仏である。厨子外の向かって右には梵天像と本尊とは別の十一面観音像、左には帝釈天像と毘沙門天像を安置する。

次の御開帳はいつなんでしょうか。是非ともこの目で見てみたいものです。

「本堂」周辺の建物の写真も掲載しておきます。

紀三井寺

紀三井寺

紀三井寺

紀三井寺


どうですかかなりの大きいお寺だということがおわかりいただけたでしょうか。

まあこれも今まで何回も書きましたが、お寺は大きければいいというものではないというのが僕の持論です。

しかしここ「護国院」はただ大きいだけではなく素晴らしいお寺だと思います。

和歌山におこしの際はぜひ立ち寄っていただきたいお寺です。

来てみて損はないと思いますよ。

ということでこの日の「西国三十三箇所巡礼」の旅は終了です。

「施福寺」「粉河寺」「護国院」共に素晴らしいお寺でした。

徐々に御朱印の数も増えてきました。

なんかかなり御朱印集めにはまってきています。

なんでも興味を持つことはいいことだと思うので是非とも続けていきたいと思ってます。

世界遺産と国宝の探索記ももちろん続けますよ。

これからはそちらの方でも御朱印をもらうつもりです。

次週もどこかへ行きます。

こうご期待。

それではまた!

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
どれでもいいのでバナーにクリックしていただければ光栄です。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

ランキング


神社・お寺巡り ブログランキングへ

護国院公式ホームページへ

護国院(紀三井寺) 和歌山県和歌山市紀三井寺1201 TEL073-444-1002

アクセス;JR西日本 紀勢本線 紀三井寺駅から徒歩10分。南海和歌山市駅から和歌山バス紀三井寺行きなどで31分、JR西日本 和歌山電鐵 和歌山駅からは16分、紀三井寺下車。

拝観時間 8:00~17:00

拝観料 大人一人200円 子供100円 仏殿は別途

駐車場 有ります 有料










西国三十三箇所巡礼の旅 目次へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。