スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

長保寺(ちょうほうじ)の国宝と地図

まずは「長保寺」の動画をご覧下さい。




2009.10.18 和歌山県の国宝探索の旅の続きをご紹介します。

「善福院」を後にした僕は次の目的地「長保寺」を目指し再び車で出発。
カーナビさんの言うがままに車を走らせることほんの少しで迷うことも無く目的地に到着。

山の麓にひっそりと佇む「長保寺」がありました。
ここ「長保寺」には僕の大好きな国宝建造物がなんと3件もあるのです。
期待に胸がはずみます。

長保寺






長保寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
長保寺(ちょうほうじ)は、和歌山県海南市下津町にある天台宗のお寺です。山号は慶徳山。本尊は釈迦如来、開山は性空(しょうくう)です。紀州藩主紀州徳川家歴代の墓所(国の史跡)がある寺として知られています。
寺伝によれば、平安時代中期の長保2年(1000年)、一条天皇の勅願により、円仁(慈覚大師)の弟子の性空によって創建され、年号を取って「長保寺」と号したといいいます。その後、寛仁元年(1017年)には七堂伽藍と子院十二ヶ坊が完成していたといいます。創建時は現在地より西方にあったが、鎌倉時代末期に現在地に移り、伽藍も整えられました。現存する本堂、多宝塔、大門(各国宝)はやや時代が下って鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての建築でありますが、中世にさかのぼる仏教建築がまとまって残されている点で貴重であるそうです。

ここで僕の大好きな国宝のご紹介。
建造物
*本堂(附:厨子)
*多宝塔
*大門(附:扁額)
以上

駐車場に車を止めて降りるとすぐに目にするのが国宝「大門」です。
長保寺 大門
国宝「長保寺大門」

国宝「長保寺大門」(ちょうほうじだいもん))
嘉慶2(1388)
三間一戸楼門、入母屋造、本瓦葺
大門は嘉慶二年の建立で、形態のよく整った代表的な楼門の一つである。和様を基調としたその細部は室町時代初期の特色を持っている。

さすがは国宝という感じの門です。
何百年という歴史を刻んできたという重みを感じました。

大門をくぐると長い参道が続き、さらには長い階段が待っています。
長保寺 階段


この長い階段の中間付近に受付があります。

拝観料を払いさらに階段を登りきると伽藍が待っています。

階段を登りきると正面に国宝「本堂」が建っています。
長保寺 本堂
国宝「長保寺本堂」

国宝「長保寺本堂」(ちょうほうじほんどう)
延慶4(1311)
桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、本瓦葺
本堂は延慶四年の建立で、柱及び組物など唐様の手法をとりながら細部に和様の手法を混用し、よく二つの様式を融和している。

さらに、本堂を正面に見て右側に国宝」多宝塔」が建っています。
長保寺 多宝塔
国宝「長保寺多宝塔」

国宝「長保寺多宝塔」(ちょうほうじたほうとう)
正平12(1357)
三間多宝塔、本瓦葺
多宝塔は純和様を採用し、一重と二重との釣合よく安定した形態をなし、その細部も現存多宝塔中の傑作の一つである。但し内部須弥壇は唐様様色になる。建立年代は不明であるが本堂より稍々後れるであらう。

お堂と塔のツーショットは本当に贅沢です。
しかもこの時この空間には僕しかいませんでした。
またも国宝独占状態です。
しばらくこの贅沢なひと時を味わう僕でした。

「大門」」本堂」「多宝塔」の3つの建物はほぼ同時期に建てられ残っているということは珍しいことなんだそうですよ。

その他にも「阿弥陀堂」「護摩堂」が建っています。
長保寺 阿弥陀堂
「阿弥陀堂」
長保寺 護摩堂
「護摩堂」


ここから眺める景色も最高でした。

さらに「多宝塔」の奥の山の斜面には広大な藩主廟所があります。
紀州徳川家初代藩主「頼宣」から15代「頼倫」までのお墓が山の斜面に転々とあります(5代吉宗(後の8代将軍)と13代慶福(よしとみ、後の14代将軍家茂)の墓は東京にある)。
長保寺 墓所
「初代藩主頼宣の墓」


見所いっぱいの「長保寺」でした。

そしてこの時点で和歌山県の国宝建造物7件全てを写真に収めることが出来ました。
感慨一塩です。

この時点で関西の国宝建造物157件のうち128件を写真に収めたことになりました。
まだまだ道は遠く果てしないですが、気長にがんばって行きたいと思っています。

階段を下りて帰り道に「南高梅200円」と書いてみかんと共にテーブルの上に梅干が山積みされていました。
賽銭箱のような箱に200円をちゃんと払ってもらって帰りました。
大変おいしかったですよ。

以上が「長保寺」の探索記です。

3つの国宝建造物を堪能した僕は再び車に乗り込み、今日の最終目的地「道成寺」へと車を走らせるのでした。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた!

拝観料 300円(40人以上1割引、案内料3000円(要予約))

駐車場 あります(無料)

時間 9:00~17:00







2009.10.18 和歌山県の国宝建造物と彫刻探索の旅  
善福院 長保寺 道成寺

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。