スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道その三 金剛峰寺(こんごうぶじ)の国宝と地図その1

まずは「金剛峰寺」の動画をご覧下さい。




2008.5.4に和歌山県の世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道を探索しに行った時の様子を書いていきたいと思います。

題して2008.5.4 世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道探索の旅

この日は車で出かけることにしました。
混雑が予想されるので早めに家を出発しました。

東大阪から大坂外環状線で河内長野へ、そこから紀美峠を越え国道24号線を経由して高野山へ。

本当に険しい山を登って行きました。
こんな山奥にあるんですか?と言いたくなるほどの山中に高野山はあります。

さすがは「比叡山」と並び日本の仏教の聖地です。

あまり高野山のことを勉強せずに来たもんですからよくわからないんですけど、ここは僕の想像とは違う所でした。
延暦寺イコール比叡山でしたけど、金剛峰寺イコール高野山?。
その程度の感覚で来た僕でした。

ここ高野山は世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道のひとつです。
世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道について
世界遺産登録理由
和歌山・奈良・三重にまたがり、桜で名高い吉野山などを含む「吉野・大峯」、熊野三山などを含む「熊野」、金剛峰寺などを含む「高野山」の3霊場と、大峯奥駈道や中辺路、伊勢路、高野山町石道などの参詣道(熊野古道)に大別される。千年余にわたる日本の宗教文化の発展に関して、ひときわ優れた証拠性を持ち、神道と仏教のたぐいまれな融合や、東アジアの宗教文化の交流と発展を例証するものであることなどが登録の決め手となった。

まずはとにもかくにも「金剛峰寺」を探そうとくねくねカーブの連続を走ってようやく開けたところに「大門」がそびえたっていました。
高野山 大門
「大門」

高野山全体の総門だそうです。
この門が現れた時、はっきり言ってホッとしました。
「いったいどこまで登ればあるんやろ」という思いでしたからね。

そしてこの「大門」を左にカーブしていくと開けた平坦地になっています。
少し走るといろいろな建物が立ち並んでいました。

朝8時に着いたので金剛峰寺のすぐ前の駐車場に止めることが出来ました。
金剛峰寺は8時30分から拝観なのでその間にそのあたりの建物を見て回っておきました。

あまりにもいろいろな寺院がありびっくりしました。
比叡山とはちょっと違うなと思いました。
それもそのはず山内に点在するお寺は、塔頭寺院(たっちゅうじいん)といい、お大師さまの徳を慕い、高野山全体を大寺(だいじ 総本山金剛峯寺)に見立て、山内に建てられた小院のことだそうです。現在では117ヶ寺が存在し、そのうち53ヶ寺は宿坊として、高野山を訪れる参詣者へ宿を提供しているそうです。
やっぱり金剛峰寺イコール高野山でした。

車でぶらぶらしているうちに時間が迫ってきたので急いで拝観料を払いに並ぼうと金剛峰寺へ。
するともう人がいっぱいになっていました。

金剛峰寺






金剛峰寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
金剛峯寺(こんごうぶじ)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある高野山真言宗総本山のお寺です。山号は高野山。本尊は阿閦如来、開基は空海です。
高野山は、和歌山県北部、周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。100ヶ寺以上の寺院が密集する、日本では他に例を見ない宗教都市である。京都の東寺とともに、真言宗の宗祖である弘法大師空海が宗教活動の拠点とした寺であり、真言密教の聖地、また、弘法大師信仰の山として、21世紀の今日も多くの参詣者を集めている。2004年には高野山やかつての表参道である高野山町石道(こうやさんちょういしみち)などが、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。
「金剛峯寺」という寺号は、明治期以降は1つの寺院の名称になっている。しかし金剛峯寺の山号が高野山であることからもわかるように、元来は真言宗の総本山としての高野山全体と同義であった。

弘仁7年(816年)、高野山を賜った空海は、翌年から弟子たちに命じて伽藍の建立に取りかかったが、交通不便な山中のことで、工事ははかどらなかった。空海の在世中に完成した堂宇はごくわずかであり、むろん、当時の建築物は現存していない。空海の他界後、弟子であり実の甥でもあった真然が約20年をかけて根本大塔などの伽藍を整備した。その後、京都の東寺との確執もあり、正暦5年(994年)には落雷による火災のため、ほとんどの建物を失い、僧はみな山を下りるという、衰亡の時期を迎えた。

荒廃した高野山は、長和5年(1016年)頃から、祈親上人定誉(きしんしょうにんじょうよ)によって再興された。治安3年(1023年)には藤原道長が参詣。平安末期には白河上皇、鳥羽上皇が相次いで参詣するなど、高野山は現世の浄土としての信仰を集めて栄え、寺領も増加した。源平の騒乱期には、高野山で出家する貴族や武士が目立つようになった。彼らは高野山に草庵を建てて住み、仏道に励んだ。また、北条政子が亡夫源頼朝のために建てた金剛三昧院のように、有力者による寺院建立もあり、最盛期には高野山に2,000もの堂舎が立ち並んだという。

高野山は山中に開かれた宗教都市である。山内は西院谷、南谷、谷上、本中院谷、小田原谷、千手院谷、五の室谷、蓮花谷の各地区に分かれ、それぞれに多くの寺院が存在する。これらの地区全体の西端には高野山の正門にあたる大門(重文)があり、地区東端には奥の院への入口である一の橋がある。信仰の中心になるのは、山内の西寄りに位置する「壇上伽藍」と呼ばれる地区で、ここには金堂、根本大塔を中心とする堂塔が立ち並ぶ。その東北方には、高野山真言宗の管長が住む総本山金剛峯寺がある。この他に、「子院」(塔頭)と呼ばれる多くの寺院が立ち並び、高野山大学、霊宝館(各寺院の文化財を収蔵展示する)などもある。弘法大師信仰の中心地である奥の院は、上述の一の橋からさらに2キロほど歩いた山中にある。

ここで僕の大好きな国宝のご紹介。
建造物
*不動堂
彫刻
*諸尊仏龕
*八大童子立像
その他
*仏涅槃図
*善女竜王像(絵画)
*聾瞽指帰(ろうこしいき)
*金銀字一切経4296巻
*法華経巻第六
*宝簡集・続宝簡集・又続宝簡集
*沢千鳥蒔絵小唐櫃(さわちどりまきえこからびつ)
以上

とにかく「総本山金剛峯寺」へ。
金剛峰寺


中を拝観しましたが、それはそれは素晴らしいの一言です。

この建物が本堂では無いそうです。
高野山の本堂はここから西へ向かっていったところの「壇上伽藍」にある「金堂」だそうです。

とにかくあまりに広すぎて感覚がおかしくなるくらいなのです。高野山は。

とにかく「総本山金剛峰寺」を一通りみた僕は、いわゆる高野山のメイン「壇上伽藍」へと歩いていきました。

西に向かって少し歩くと「壇上伽藍」はあります。

しかし長引きそうなのでこの続きは次回ということで。

それではまた!

拝観料 堂内拝観 500円 山内共通券(金剛峯寺、霊宝館、根本大塔、徳川家霊台、大師教会本部、金堂) 1500円

駐車場 あります(無料)

時間  8:30~17:30(11~4月は~16:30)







2008.5.4 和歌山県の国宝建造物と彫刻探索の旅   
金剛峰寺その1 金剛峰寺その2 金剛三昧院 慈尊院

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。