スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

近畿2府4県の国宝五重塔

近畿2府4県の国宝五重塔をご紹介します。

近畿2府4県には国宝五重塔が6件あります。(全国では9件)





まずは五重塔について
ウィキペディアより
五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つ。層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指します。

仏塔は、古代インドにおいて仏舎利(釈迦の遺骨)を祀るために紀元前3世紀頃から造られ始めたストゥーパに起源をもちます。古代インドのストゥーパは饅頭形(半球形)のものでしたが、この形式が中国に伝えられると、楼閣建築の形式を取り入れて高層化するようになりました。こうした楼閣形の層塔は朝鮮半島を経て日本へ伝えられました。木造の層塔は日本に多く残っており、中国、朝鮮半島における遺例はごく少ない。

日本では、各地の仏教寺院や神社などに木造の五重塔や三重塔があり、地区のランドマークとなっているものも多い。木造塔のほか、石、瓦、鉄製の塔もあり、近代以降は鉄筋コンクリート造の塔もあります。多層塔としては他に九重塔、十三重塔などがあるが(層の数は奇数にほぼ限定されている)木造の九重塔の現存するものはありません。奈良県の談山神社には木造十三重塔がありますが、これは楼閣形の塔ではなく、二重から十三重までの屋根は密に重なっていて、屋根と屋根の間にはほとんど空間がありません。屋根の上にあるアンテナのような部分は相輪といいます。

中国の層塔は最上階まで登れるものが多いのに対し、日本の木造五重塔は、現代の感覚で言う五階建ではなく、内部は軒を支えるために複雑に木組みがなされており(耐震性を強化するためでもある)、上層に登ることはできないのが普通です(内部にはしごを有している塔もある)。現在では宗教と関係なく建てられた観光用のものもあり、また、模型なども販売されています。
塔が高層化したのは、境内に入れない一般の人々が離れた場所から参拝できるようにしたためです。



まずは奈良県の「法隆寺」にある五重塔です。
法隆寺「五重塔」

国宝「法隆寺五重塔」
飛鳥時代
三間五重塔婆、初重もこし付、本瓦葺、もこし板葺
法隆寺「五重塔」は、我が国最古の塔です。
塔は釈尊の遺骨を奉安するためのものであり、仏教寺院において最も重要な建物とされています。
高さは約31.5メートル。
初重内陣には東面・西面・南面・北面それぞれに塔本四面具(国宝)と呼ばれる塑造の群像を安置。
初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高いことがこの塔の特色で、五重の屋根の一辺は初重屋根の約半分だそうです。初重内陣には東面・西面・南面・北面それぞれに塔本四面具(国宝)と呼ばれる塑造の群像を安置する(計80点の塑像が国宝)。この塑像に使用された粘土は、寺の近くの土と成分がほぼ等しいことから近くの土で作られたと推測されるそうです。東面は「維摩経」(ゆいまきょう)に登場する、文殊菩薩と維摩居士の問答の場面、北面は釈迦の涅槃、西面は分舎利(インド諸国の王が釈尊の遺骨を分配)の場面、南面は弥勒の浄土を表わす。北面の釈迦の入滅を悲しむ仏弟子の像が特に有名だそうです。

「法隆寺」の「西院伽藍」の国宝「金堂」と並んで建っています。
この「西院伽藍」にいるだけで背筋がピンと伸びるような気がしました。
数ある国宝建造物の中でも特別な存在なのではないでしょうか。





次に京都の「教王護国寺」(東寺)の五重塔です。
東寺 五重塔

国宝「教王護国寺五重塔」
寛永20(1643)
三間五重塔婆、本瓦葺
高さ54.8メートルで木造塔としては日本一の高さを誇ります。天長3年(826年)空海により、創建着手にはじまるが、実際の創建は空海没後の9世紀末であったそうです。雷火や不審火で4回焼失しており、現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)、徳川家光の寄進で建てられたものだそうです。初重内部の壁や柱には両界曼荼羅や真言八祖像を描き、須弥壇には心柱を中心にして金剛界四仏像と八大菩薩像を安置しています。真言密教の中心尊である大日如来の像はここにはなく、心柱を大日如来とみなしているそうです。

まさに「京都のシンボル」です。
高さもさることながら、形も大変スマートな五重塔です。
耐震性も非常に優れ、「霞ヶ関ビル」の建設の際、この塔のメカニズムを参考にしたという話をTVで見たことがあります。
昔の人の技術力に感服します。





次は京都の「醍醐寺」の五重塔です。
醍醐寺 五重塔

国宝「醍醐寺五重塔」
天暦6(952)
三間五重塔婆、本瓦葺
天暦5年(951年)に醍醐天皇の冥福を祈るために朱雀天皇が建立したもので、「醍醐寺」のなかでも唯一の創建当時からの建物だそうです。
総高38メートル。うち相輪部が12.8メートルで、全体の3割以上を占める。屋根の逓減率が大きく、塔身の立ちが低いため、後世の塔のような細長いプロポーションにはならないそうです。創建以来たびたび修理を経ているが、中でも天正13年(1585年)の地震では一部の軒が垂れ下がるなどの甚大な被害を受け、豊臣秀吉の援助で慶長3年(1597年)に修理が完成しています。昭和25年(1950年)の台風でも被害を受け、同35年(1960年)に修理が完成しました。京都に残る数少ない平安時代建築として貴重であるとともに、初重内部の両界曼荼羅と真言八祖を表した壁画も平安絵画の遺品として重要であり、塔本体とは別に「絵画」として国宝に指定されているそうです。

千年以上建っているだけでも素晴らしいというのに、この雄大なフォルム。
関西の5つの「五重塔」の中で一番美しいのではないでしょう。





続いては奈良県の「興福寺」の五重塔です。
興福寺

国宝「興福寺五重塔」
応永33(1426)
三間五重塔婆、本瓦葺
五重塔は天平2年(730年)、光明皇后の発願で創建された。現存の塔は応永33年(1426年)頃の再建でだそうです。高さ50.8メートルで、木造塔としては東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高い。

「教王護国寺五重塔」が京都のシンボルなら、この「興福寺五重塔」は奈良のシンボルでしょう。
隣に建つ国宝「東金堂」とのツーショットは素晴らしいです。


続いて京都の「海住山寺」の五重塔です。
海住山寺 五重塔

国宝「海住山寺五重塔」
建保2年(1214年)
三間五重塔婆、本瓦葺、初重もこし付、もこし銅板葺
鎌倉時代のものとして唯一残る五重塔だそうです。
裳階(もこし)を持つ五重塔も「法隆寺」とこの塔のみだそうです。
裳階(もこし)とは一番下の階についている屋根みたいなもので昭和38年に解体修理し復元されたものだそうです。
大きさも五重塔としては、「室生寺」の五重塔に次ぐ小さいものだそうです。
小さいながらも素晴らしい五重塔ですよ!
人里はなれた山中にある「海住山寺」にひっそりと佇む五重塔です。


そして最後は奈良県の「室生寺」の五重塔」です。
室生寺 五重塔

国宝「室生寺五重塔」
平安前期
三間五重塔婆、檜皮葺
西暦800年頃の建立で、屋外にある木造五重塔としては、「法隆寺五重塔」に次いで日本で2番目に古くしかも最小だそうです。高さは16メートル強で形は普通上の方にいくにしたがって、屋根が狭くなっているのですがこの塔はいわゆるズンドウで上と下の屋根の大きさがあまり変わらない形をしているのが印象的です。小さくても素敵な塔です。
女性の方にはかわいくて喜ばれそうな五重塔ではないでしょうか。
さすが女人高野。
しかしなんか国宝にしては綺麗すぎるぞと思いしらべてみると。
この国宝五重塔は、平成10年9月22日の台風7号によって杉の巨木が倒れかかり、五層すべてで背面のひさしが破壊されるという大きな損傷を受けました。
心柱が直撃されなかったので塔に傾きが生じなかったことや、軒の部分で大方の衝撃が吸収されたことなどが幸いして、全壊は免れました。
ということで、修繕されたんですね。しかし国宝の指定はそのままです。

近畿2府4県の五重塔の中で一番ロケーションがいいのはこの五重塔でしょう。
階段下から見るのもよし、小高い所から見るのもよしといつまでも見ていられる五重塔です。

いずれも素晴らしい五重塔です。




この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。