スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都奈良の文化財その七 平城宮跡(へいじょうきゅうせき)と地図

2009.12.26 なんとか少ないながらボーナスもいただけましたし、今年もまあまあがんばった自分への褒美として最後に奈良に行ってきました。何回今年最後と言ってるんでしょう?

でも本当に最後です。

ボーナスはもらったと言えども正月前でお金もいる時期ですので、またまた原付(ホンダ TODAY 50cc)で寒空の中奈良へ出発。



僕の住む東大阪市から国道308号線で「暗峠」(くらがりとうげ)を越え奈良県の生駒市へ、そこからは阪奈道路で奈良市内へ。

1時間程度で最初の目的地「平城宮跡」に到着しました。(寒かった、こわかった)

ここ「平城宮跡」は世界遺産古都奈良の文化財のひつです。

まず世界文化遺産 古都奈良の文化財とは?
奈良市内に点在する寺社等の総称で、東大寺興福寺春日大社元興寺薬師寺唐招提寺平城宮跡、春日山原生林からなる。日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有し、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり、後世の発展に重要な影響を与えることになったことなどをはじめ、世界的に見ても高い文化的価値を有するとして、1998年に世界文化遺産に登録されました。

平城宮跡


来年「平城遷都1300年」を迎える奈良は今燃えています。




平城宮跡について
ウィキペディア(Wikipedia)より
平城宮(へいじょうきゅう、へいぜいきゅう)は奈良の古都平城京の大内裏。1998年12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界文化遺産に登録されました(考古遺跡としては日本初)。

平城京の北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていました。

周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門はじめ豪族の氏名にちなんだ12の門が設置され役人らはそれらの門より出入りしました。 東端には、東院庭園がおかれ、宴などが催されました。 また、この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされています。

794年の平安京遷都後は放置され、しだいに農地となっていきました。 しかし南都と呼ばれ、あくまでも本来の都は奈良と云う認識が大宮人の間にはありました。

1852年(文政8年)、奉行所の役人であった北浦定政が「平城宮大内裏跡坪割之図」を著し、平城京の跡地を推定しました。 明治時代に建築史家、関野貞が田んぼの中にある小高い芝地が大極殿(第二次)の基壇であることを発見、1907年「平城京及大内裏考」を奈良新聞に発表しました。この研究記事がきっかけとなり、棚田嘉十郎・溝辺文四郎らが中心となり平城宮跡の保存の運動が起こりました。1921年には、平城宮跡の中心部分が民間の寄金によって買い取られ、国に寄付されました。その後、「平城宮址」は1922年に国の史跡に指定されました(後に特別史跡)。のちに「址」(し・あと)が常用漢字外であるため「平城宮跡」と書かれるようになります。1960年代に私鉄電車の検車庫問題と国道建設問題に対する二度の国民的保存運動がおこりました。現在は、ほぼ本来の平城宮跡地が指定され保存されています。

なお、唐招提寺の講堂(国宝)は平城宮朝堂院にあった建物の一つである東朝集殿を移築したものです。切妻屋根を入母屋にしたり、鎌倉時代の様式で改造されている箇所もありますが、平城宮唯一の建築遺構として貴重であります。


ここ「平城宮跡」には、国宝建造物も彫刻もありません。
よって僕にはあまり燃える要素がありません。
しかしここに昔日本の首都があったんやなと思うと感慨深いものはあります。

平城宮跡
「朱雀門」

平城宮跡

「朱雀門」です。(1998)
もちろん僕の小さい頃はありませんでした。
僕の小学校の頃の遠足と言えば「奈良公園」と決まっていたんですが、今はこちらが主流だそうです。
時代を感じます。
近鉄奈良線で奈良へ向う途中、電車の窓からもよく見えます。

この「朱雀門」は何回も見てるんですが、なんとはるか北側に大きな建造物が...。
平城宮跡
「大極殿」(第一次)

「大極殿」(第一次)です。2010年に完成予定だそうです。
いつのまに?という感じです。


ここで平城京につて
ウィキペディア(Wikipedia)より
藤原京から平城京への遷都は707年(慶雲4)に審議が始まり、708年(和銅元)には元明天皇により遷都の詔(都というものは「百官の府であり、四海の人々が集まるところ」であります。平城の地は、三方が山に囲まれ南が開け、占いにもかなっている。)が出されました。 しかし、710年(和銅3)に遷都された時には、内裏と大極殿、その他の官舎が整備された程度と考えられており、寺院や邸宅は、山城国の長岡京に遷都するまで、段階的に造営されていったと思われる。740年、恭仁京への遷都によって平城京は一時的に放棄されるが、745年には、再び平城京に遷都され、その後784年(延暦3年)、長岡京に遷都されるまで74年間都がおかれ政治の中心地でありました。山城国に遷都したのちは南都(なんと)とも呼ばれました。

平城宮(大内裏)は朱雀大路の北端に位置し、そこに朱雀門が設置された。平城宮は平城京造営当初から同じ位置に存在した。その中心建物である大極殿は740年の遷都の際に取り壊され、後に旧位置の東側に再建された。朱雀大路の南端には羅城門があり、九条大路の南辺には京を取り囲む羅城がありました。ただし、実際には羅城は羅城門に接続するごく一部しか築かれなかったのではないかとする説が有力です。


さてこの「平城宮跡」なんですが、やたらと広いです。
そんな時僕の愛車「ホンダ TODAY 50cc」が役に立ちます。
小回りは利くし車でいけないところもすいすいです。

そんなかわいい愛車でその他のスポットへ行ってみました。
平城宮跡

平城宮跡

平城宮跡

先ほどの「大極殿」(第一次)の東側にある「大極殿」(第二次)です。
土台だけが残っているだけです。

さらに東側には
平城宮跡

平城宮跡

「宮内省地区」です。
そこから南にバイクを走らせると東側の隅っこに
平城宮跡

平城宮跡

特別名勝「東院庭園」です。
この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされているそうです。(これも復元ですけど)

以上がおもな建物などがある地区です。

とにかく何もかもが復元です。

あとはだだっぴろい広場みたいなかんじです。

あちらこちらで工事が進んでいます。

まだなにか建物が建つんでしょうか?しかも国費で。

日本ってそんなにお金余ってるんですか?

もうこれぐらいにしておいて、後は昔の様子を想像するっていうのもいいと思うんですけど。

御上に盾突く気はありませんけど、僕みたいなチンピラが。

以上が世界遺産「平城宮跡」の探索記です。

このブログを始めて以来1番感動が薄かった所だったかもしれません。

拝観料 無料

駐車場 あります無料

時間 見学自由


大きな地図で見る


この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2009.12.26 奈良県の国宝建造物と彫刻探索の旅 
平城宮跡 奈良国立博物館 東大寺 興福寺

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。