スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

醍醐寺(だいごじ)「上醍醐」と桜と地図

まずは「醍醐寺」の動画をご覧ください。




2010.3.27 今年最初の京都へ行ってきました。

今回の目的地は「醍醐寺」「金地院」「南禅寺」「清水寺」です。

題して2010.3.27京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅

まずは「醍醐寺」からご紹介します。

この日は午前7時の電車で京都へ出発。

近鉄と京都地下鉄を乗り継ぎ9時ごろ「醍醐寺」に到着しました。

「醍醐寺」は2度目の探索になります。

今回の目的は前回来たとき「上醍醐」へ行かなかったことのリベンジと、なんと言っても豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名な「醍醐寺」です。桜を見んわけにはいかんでしょう。

醍醐寺
「総門」


「総門」をくぐり境内へ。

桜が見事に咲き誇っていました。

ここ「醍醐寺」は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつです。

世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)竜安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。

ここ「醍醐寺」は本当に広いです。

僕が今までに行った数々のスポットの中でも最大級といってもいいでしょう。

おもな見所は「下醍醐」「三宝院」「霊宝館」「上醍醐」になります。

前回の2008.3.22は「上醍醐」を除く3つのスポットをご紹介しましたので今回はおもに「上醍醐」を中心にご紹介します。

前回の2008.3.22の探索記はこちらへ



醍醐寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある真言宗醍醐派総本山のお寺です。
本尊は薬師如来、開基は理源大師聖宝(しょうぼう)です。
真言宗の宗祖、弘法大師の孫弟子にあたる理源大師聖宝は貞観16(874)年、醍醐山上に草庵を結び、准てい、如意輪の両観音像を彫刻し、堂宇に安置した。これが醍醐寺の始まりだそうです。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られています。
「醍醐の花見」とは慶長3年3月15日(1598年4月20日)に豊臣秀吉が京都の醍醐寺において、豊臣秀頼、北政所、淀殿ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の者など約1300名を従えて盛大に催した花見の宴のことです。
醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音(じゅんていかんのん)並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けました。
醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯を中心に、多くの修験者の霊場として発展した後(この場所を「上醍醐」と呼称する)、醍醐天皇は醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を掛け、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになります。
その後応仁の乱など相次ぐ戦争で下醍醐は荒廃し、五重塔しか残らないありさまであった。しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに紀州などからの寺院建築の移築や三宝院の建設などにより今日見るような姿となっています。


ここで僕の大好きな国宝のご紹介
建造物
*金堂
*五重塔
*清滝宮拝殿(上醍醐)
*薬師堂(上醍醐)
*三宝院唐門 - 1599年建立
*三宝院表書院

彫刻
*薬師如来及両脇侍像(旧上醍醐薬師堂安置)

その他
*大日経開題 弘法大師筆
*後宇多天皇宸翰当流紹隆教誡(三通)
*後醍醐天皇宸翰天長印信(蝋牋)
*狸毛筆奉献表 伝弘法大師筆 
*理源大師筆処分状
以上


この国宝の多さからしても「醍醐寺」のすごさがおわかりでしょう。

さて「上醍醐」中心といってもやっぱりこの国宝だけはご紹介せねばなりません。

「下醍醐」の伽藍の中心国宝「醍醐寺五重塔」と国宝「醍醐寺金堂」です。

醍醐寺 五重塔
国宝「醍醐寺五重塔」(だいごじごじゅうのとう)

醍醐寺 金堂
国宝「醍醐寺金堂」(だいごじこんどう)


特に国宝「醍醐寺五重塔」は国宝「五重塔」の中で僕が一番好きな塔です。

このフォルムがたまりません。

また見られて感動しました。

一通り「下醍醐」の伽藍を見終わった僕は前回チョンボした「上醍醐」へと向うのでした。

その他の「下醍醐」の伽藍の様子はこちらへ

醍醐寺 上醍醐

醍醐寺 上醍醐
「女人堂」


ここで拝観料600円を払い山を登ります。

頂上まで「1時間」と書いてありました。

「え、1時間?」と思わず声が出ました。

「まあ、お年寄りも多いしお年寄りのスピードにあわせて1時間てかいてあるんやろ」と思い山を登り始めました。

しかしどっこい、登れども登れどもただ山道ばかりです。

醍醐寺 上醍醐


ここで途中休憩しました。

この時点で死にそうになってました。まだ20分も経ったかどうかの時点で。

さらに登り登っていきます。

何度も休憩しました。もう足はぱんぱんですわ。

京都の「鞍馬寺」の時もかなりしんどかったですけど、比じゃないです。

今までの中でまちがいなく1番しんどかったです。

日ごろの運動不足がこういう時にたたります。

正味1時間かけて登りきりました。

するとまず最初に僕のお目当ての建物がありました。

国宝「醍醐寺清滝宮拝殿」です。

醍醐寺 上醍醐
国宝「醍醐寺清滝宮拝殿」

国宝「醍醐寺清滝宮拝殿」(だいごじせいりゅうぐうはいでん)
永享6(1434)
懸造、桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、妻入、向拝三間、軒唐破風付、
檜皮葺

ここまで歩いて登って見る国宝は格別でした。

というか本当によくこんなところに建てたなという思いのほうが先にきました。

しかし残念ながら現在修復工事中でテントがかかっていました。

しかしそんなことはもうどうでもいいぐらい感動してました。

その上には「清滝宮本殿」が建っています。

醍醐寺 上醍醐
「清滝宮本殿」


この「醍醐寺清滝宮拝殿」の横には「醍醐水」と書いた建物がありました。
醍醐寺 上醍醐

ここがまさしく聖宝・理源大師が山上に立てた隠遁場所だそうです。

「醍醐味」という言葉の発祥はこの水からだそうですよ。

はっきり言って汗だくで登った僕にとって今まで飲んだ水の中で1番うまかったです。

「ああ醍醐味なるや」と本気で言ってました。

さらにすこし登ると国宝「醍醐寺薬師堂」が建っていました。
醍醐寺 上醍醐
国宝「醍醐寺薬師堂」

国宝「醍醐寺薬師堂」(だいごじやくしどう)
保安2(1121)
桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、檜皮葺
薬師堂は醍醐寺山上伽藍の主要堂宇で、保安二年(一一二一)に再建されたのが現在の堂である。 簡素な意匠であるが、蟇股や組物など平安時代の特色をあらわす。 この時代の数少ない遺構の一として貴重なものである。

ついに前回のチョンボをリベンジした瞬間でした。

これで「醍醐寺」の国宝を制覇できました。

さらに上に登ると「五大堂」「如意輪堂」「開山堂」があります。

醍醐寺 上醍醐
「五大堂」

現在の五大堂は昭和焼失以後の新建築ですが、山上に聳えるその偉容は、鎮護国家を託された往時の山上密教寺院の雰囲気を今に伝えています。
醍醐寺 上醍醐
「如意輪堂」
醍醐寺 上醍醐
「開山堂」

醍醐寺の開山、聖宝・理源大師を奉安したお堂。最初は御影堂(みえどう)といい、延喜11年(911)に理源大師の弟子、醍醐寺第一世、観賢座主によって建立されましたが、後に焼失。鎌倉時代に再建されたものの荒廃してしまいました。現在のお堂は、慶長11年(1606)に豊臣秀頼によって再建されたもので、雄大な桃山時代の特徴をよく表した山上最大のお堂です。
お堂の内陣には、中央に開山聖宝理源大師像、左に弘法大師像、右に醍醐寺第一世座主・観賢僧正像が奉安されています。

頂上からみた景色も最高でした。

多少ですが足の痛みも楽になりました。

そして来た道を下っていきました。今度はひざが笑いました。

そして「三宝院」と「霊宝館」を満喫しました。

特に「醍醐寺三宝院庭園」はやっぱり素晴らしかったです。

さすがは「特別名勝」「特別史跡」です。

撮影できないのが少し残念ですけど。

「霊宝館」の国宝「薬師如来及両脇侍像」にも手を合わせてきました。

最後に「醍醐寺」の見事な桜をご覧下さい。

醍醐寺
「清瀧宮本殿」前の桜

醍醐寺
「三宝院」の桜

醍醐寺
「霊宝館」の桜
醍醐寺
「霊宝館」の桜


なんとも言えない綺麗な桜でした。

豊臣秀吉もこの桜を見たんでしょうか。

今日来てよかったです。

前回のリベンジも果たせましたし、ちょっと足はいたくなりましたけど最高でした。

さすがは世界遺産「醍醐寺」だなとあらためて感動しました。

「醍醐寺」を満喫した僕は地下鉄「醍醐駅」へと向うのでした。

そして次の目的地「金地院」のある「蹴上駅」へ。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた。

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

「醍醐寺」公式ホームページへ

拝観料 三宝院 大人600円、中・高校生300円、小学生以下無料
(春・秋の特別拝観期間、三宝院・伽藍・霊宝館共通券1000円(2ヶ所)、1500円(3ヶ所))
上醍醐は別に入山料600円

駐車場 あります 700円

時間 境内自由(三宝院は9:00~16:30、12月第1日曜の翌日~2月は~15:30)


大きな地図で見る






じゃらん.netで京都の宿をチェックする


2010.3.27 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅 
醍醐寺 金地院 南禅寺 清水寺

2008.3.22の醍醐寺探索記へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

「霊宝館」の桜は今年も見事に咲かせていたのですね。
去年は行きましたが・・・
枝垂れ桜の花時は早くて今年の寒さでも綺麗v-10!!
時々拝見射せて貰っています。
すてきな写真に文面もすてきなのに感心しています。
先頃奈良法華寺の光明皇后の1250年祭に行けたのですがまだ投稿できていませんがその内に。
貴方も行かれたかな?と思い魅せてもらいに来ました。
Re: タイトルなし
美京(みさと)さんお返事が遅くなりまして申し訳ありません。
「霊宝館」の桜は本当に見事の一言でした。
出来れば毎年行って見たいです。
法華寺はご本尊の特別開帳には行ってきました。
本当に素晴らしい仏様でした。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。