スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

近畿2府4県の特別名勝


近畿2府4県の特別名勝をご紹介します。



まず特別名勝とは?

まず「名勝」とは?
ウィキペディア(Wikipedia)より

1. 景色の良い土地のこと。名勝地ともいう。
2. 日本における文化財の種類のひとつで、芸術上または観賞上価値が高い土地について、日本国および地方公共団体が指定を行ったもの。特に、文化財保護法第 109条第1項において規定された、国指定の文化財の種類のひとつ。

概要

日本の文化財保護法は、庭園、橋梁、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地の中で、日本国にとって芸術上また観賞上価値の高いものを、文部科学大臣が「名勝」および「特別名勝」の名称で指定することができると規定している。地方公共団体においては、文部科学大臣の指定から漏れたものに対して、それぞれの条例に基づいて教育委員会が指定を行っている。

名勝の保護制度は、1919年(大正8年)に施行された史蹟名勝天然紀念物保存法において、風致景観の優秀な土地、名所的な土地を保護する制度として始まった。1950 年(昭和25年)制定の文化財保護法に引き継がれ、自然保護制度としての性格を強めている。

国指定の名勝

名勝

文化財保護法第2条第1項第4号では、記念物について次のとおり規定している。

貝づか、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとつて歴史上又は学術上価値の高いもの、庭園、橋梁、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で我が国にとつて芸術上又は観賞上価値の高いもの並びに動物(生息地、繁殖地及び渡来地を含む。)、植物(自生地を含む。)及び地質鉱物(特異な自然の現象の生じている土地を含む。)で我が国にとつて学術上価値の高いもの(以下「記念物」という。)

そして、文化財保護法第109条第1項では、名勝について次のとおり規定している。

文部科学大臣は、記念物のうち重要なものを史跡、名勝又は天然記念物(以下「史跡名勝天然記念物」と総称する。)に指定することができる。

文部科学省が公表している『特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準』では、名勝の指定基準が次のように定められている。

左に掲げるもののうちわが国のすぐれた国土美として欠くことのできないものであつて、その自然的なものにおいては、風致景観の優秀なもの、名所的あるいは学術的価値の高いもの、また人文的なものにおいては、芸術的あるいは学術的価値の高いもの
1. 公園、庭園
2. 橋梁、築堤
3. 花樹、花草、紅葉、緑樹などの叢生する場所
4. 鳥獣、魚虫などの棲息する場所
5. 岩石、洞穴
6. 峡谷、瀑布、溪流、深淵
7. 湖沼、湿原、浮島、湧泉
8. 砂丘、砂嘴、海浜、島嶼
9. 火山、温泉
10. 山岳、丘陵、高原、平原、河川
11. 展望地点

これらの条件を満たすと判断されたものが、文化審議会における専門家の審議を経た上で、名勝に指定される。2010年(平成22 年)2月22日現在、357 件(次項の「特別名勝」を含み、史跡または天然記念物に重複指定されているものを含む。)が名勝に指定されている。

名勝は、人文的名勝と自然的名勝とに分類されることもある。人文的名勝は、日本庭園のような人為的に形成された景観である。自然的名勝は、主に自然の働きによって形成され、歴史や文化にも支えられている景観である。2007年(平成19年)3月末現在、自然的名勝に属するとされている名勝は146件、うち特別名勝は12件である。

特別名勝

文化財保護法第109条第2項では、特別名勝(とくべつめいしょう)について次のとおり規定している。

文部科学大臣は、前項の規定により指定された史跡名勝天然記念物のうち特に重要なものを特別史跡、特別名勝又は特別天然記念物(以下「特別史跡名勝天然記念物」と総称する。)に指定することができる。

そして、『特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準』は、特別名勝の指定基準を次のように規定している。

名勝のうち価値が特に高いもの

つまり、名勝のうち価値が特に高いものが特別名勝である。2008年(平成20年)4月1日現在、35件が特別名勝(特別史跡または特別天然記念物に重複指定されているものを含む。)に指定されている。

近畿2府4県の特別名勝

近畿2府4県には特別名勝が17件あります。


* 大仙院書院庭園(だいせんいんしょいんていえん)
大仙院
パンフレットより

室町時代を代表する枯山水庭園です。蓬莱山から落ちる滝、堰を切って大海に流れ込む水をすべて砂で表し、宝船や長寿の鶴亀を岩組で表した開祖古岳宗亘禅師による室町時代の代表的な枯山水庭園。書院には縁があり庭園との連帯感をもち、座敷あるいは縁に座して庭園を観賞するように造られています。国の史跡および特別名勝に指定されています。

大仙院書院庭園は残念ながら写真撮影禁止になっています。
僕の想像とは違い小さな庭園でした。
僕みたいな素人には「えっこれが?」というようなお庭なんですけど、お寺の方の説明を聞くと「ほ~なるほど」とだんだんこのお庭の素晴らしさが実感できて来ました。
しかし本当の意味でこの庭園の良さがわかるにはまだまだ修行が足りない僕でした。


* 鹿苑寺(金閣寺)庭園(ろくおんじていえん) 特別史跡
金閣寺

金閣を水面に映す鏡湖池(きょうこち)を中心とする池泉回遊式庭園で、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。鏡湖池には葦原島、鶴島、亀島などの島々のほか、畠山石、赤松石、細川石などの奇岩名石が数多く配されています。

まさに「絵に描いたような庭」でした。
なんの説明もいらないんじゃないでしょうか。
何時間でも見ていられるお庭です。


* 龍安寺方丈庭園(りょうあんじほうじょうていえん)
龍安寺

いわゆる「龍安寺の石庭」です。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭です。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭です。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものをつくります。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山です。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えますが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでありません。室町時代末期の作で特芳禅傑らの優れた禅僧によって作られたものとも伝えられます。

奥が深すぎて僕のような若輩者にはなかなか理解できないお庭です。
ず~っとにらめっこして何かを感じとるための庭なんでしょうか?
しかしず~っとにらめっこしていても大丈夫なような気がする庭だから不思議です。


* 慈照寺(銀閣寺)庭園(じしょうじていえん) 特別史跡
銀閣寺

錦鏡池(きんきょうち)を中心とする池泉回遊式庭園です。
「苔寺」の通称で知られる西芳寺庭園(夢窓疎石作庭)を模して造られたとされますが、江戸時代に改修されており、創建当時の面影はかなり失われているといわれます。「銀沙灘」(ぎんしゃだん)、「向月台」と称される2つの砂盛りも、今のような形になったのは江戸時代後期とされています。

鹿苑寺(金閣寺)庭園のような華やかさは無いんですけどこちらはこちらでなんとも言えないいい雰囲気のお庭です。
僕が言うのもなんなんですけど、「センス抜群」のお庭ではないでしょうか。


* 天龍寺庭園(てんりゅうじていえん)
天龍寺

曹源池(そうげんち)を中心とした池泉回遊式庭園で、夢窓疎石の作庭。

僕の超おすすめの庭のひとつです。
庭の大きさ、雰囲気どれをとっても抜群だと思うんです。
誰が見ても単純に素晴らしいと思えるお庭だと思います。


* 二条城二の丸庭園(にじょうじょうにのまるていえん)
二条城

別名「八陣の庭」。小堀遠州の代表作として挙げられることも多い桃山様式の池泉回遊式庭園です。池には3つの島が浮かびます。池の中央やや北よりにもっとも大きい蓬莱島があり、その北に亀島、南に鶴島があります。亀島は亀の形に、鶴島は鶴の形に石が組まれています。蓬莱島は亀島と共に見えるアングルからは鶴の形に、鶴島と共に見えるアングルからは亀の形に石が組まれていて、常に鶴亀の一組を表現する趣向となっています。池の北西部には、二段の滝があります。池の南に広がる芝生の部分は、寛永の行幸の際には行幸御殿が建てられていた場所であり、こちら側が庭園の第1正面となります。第2正面は東(大広間)側、第3正面は北(黒書院)側という三正面式の設計です。

細かいことはよくわかりませんけど「すごい」と思った庭です。
「二の丸御殿」と「庭園」が素晴らしくマッチしているように思います。


* 金地院庭園(こんちいんていえん)
金地院

崇伝が徳川家光のために作らせました。作庭には小堀遠州が当たりました(遠州作と伝えられる庭は多いが、資料が残っている唯一の例)。桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的枯山水庭園として知られます。

お寺の方の説明を聞くと「ほ~」とうなずく僕でしたけどまだまだ修行が足りません。
なにか考え事がしたい時にはこの庭を見ながらするのが最高ですよ。


* 醍醐寺三宝院庭園(だいごじさんぼういんていえん) 特別史跡
醍醐寺

三宝院庭園は、「醍醐の花見」に際して、豊臣秀吉が自らが基本設計を行ったものです。作庭は醍醐の花見が終わった4月から始められ、その年の8月に秀吉が死去した後は義演の指導のもとで続けられました。義演は秀吉の基本設計をもとにさらに構想を発展させ、また当時一流の庭師を作庭に参画させました。庭師の中には「天下一の石組の名手」と称された賢庭もいました。作庭は義演が亡くなる1624年(元和10年)までの27年間にわたりました。
当初、三宝院庭園は表書院から眺めるための鑑賞式庭園として設計されましたが、義演の死後に庭園内に茶室が置かれ、回遊もできるように造り変えられました。庭園の中心を占める池には「亀島」「鶴島」が配され、橋が架けられています。正面に据えられている「藤戸石」は、元々は管領家の細川氏の邸宅にあったもので、秀吉が聚楽第から運ばせたものです。背後には水の音が変化するようにしつらえられた三段の滝石組が造られています。三宝院庭園は、安土桃山時代の華やかな雰囲気を今日に伝える日本庭園として貴重なものであり、1952年(昭和27年)に国の特別史跡および特別名勝に指定されました。

残念ながら写真撮影は禁止です。
この庭を見ているとなにか昔の風景が頭の中に浮かんでくるような気になります。
なにか物語がありそうな雰囲気です。
こんな僕でもそんな気にさせるんですから本当に素晴らしい庭だと思います。
僕の超一押しの庭です。


* 浄瑠璃寺庭園(じょうるりじていえん)
浄瑠璃寺

境内は浄土式庭園を形成している。境内の中心に位置する大きな池は興福寺の恵信(えしん)という僧が掘ったもので、その中央には小島があり、弁才天を祀る祠があります。池の東岸には薬師如来を安置する和様の三重塔、西岸には阿弥陀如来を安置する本堂(九体阿弥陀堂)が位置します。
薬師如来は東方浄瑠璃世界に住み、現世の苦しみを除く仏であり、阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主である。薬師如来を東、阿弥陀如来を西に安置することにはこうした意味があり、三重塔のある東岸は「此岸」(しがん、現世)、池をはさんだ西岸は阿弥陀如来のいる「彼岸」であるという見かたもできます。
これら今にある伽藍の原型は、永承2年(1047年)建立の薬師如来を本尊とする本堂が取り壊され、9体の阿弥陀如来像を安置する新たな本堂が建立された嘉承2年(1107年)に形作られたものと見られます。

三重塔の方から見ると池に「九体阿弥陀堂」が映って見えました。
それはもうなんともいえないものです。
心癒されるお庭です。


* 平城京左京三条二坊宮跡庭園(へいじょうきょうさきょうさんじょうにぼうきゅうあとていえん) 特別史跡
平城京左京三条二坊宮跡庭園

この庭園は、昭和50年(1975年)の発掘調査によって発見された奈良時代の庭園です。
平城宮の離宮的な施設または皇族等の邸宅(宮)であったとも考えられるため「宮跡庭園」と名付けられました。
長期間、土に埋まっていたため保存状態もよく、東寺の意匠、作庭技法などを知ることができるきわめて貴重な遺跡です。玉石を敷き詰めたS字状の池(幅2~7m、延長55m)を中心に、池とともに春日山、御蓋山などの東の山並みを望めるように、西側に建物を配しています。

奈良時代の皇族の暮らしを思い浮かべながら見る庭園は結構おつなものですよ。
多分穴場スポットだと思いますので、この庭園を独り占めできるかもしれません。


大徳寺方丈庭園(だいとくじほうじょうていえん)
大徳寺


枯山水庭園は国の特別名勝および史跡に指定されています。
本当にガードが固い「大徳寺」です。本坊内は写真撮影禁止です。
僕が最も苦手とする「枯山水庭園」は未だに理解できません。
しかし何かを訴えかけてくるのはなんとなく感じる今日この頃です。
もっともっと修行が必要なようです。


法金剛院青女滝付五位山(ほうこんごういんせいじょのたき、ごいさん)
法金剛院


待賢門院が極楽浄土として造園させた「池泉廻遊式浄土庭園」で、なかでも石立の僧林賢と静意の作「青女の滝」は巨岩を並べた雄大なものです。
数少ない平安時代の庭園であって、しかも発願者、作者がはっきりし、その遺稿がそのまま残っているのは真に貴重だそうです。
でも見たときに「これですか?」と聞きたくなるような感じでした。
見た目で値打ちははかれませんね。


平城宮東院庭園(へいじょうきゅうとういんていえん)
平城宮

平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この南半は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」あるいは「東院」と呼ばれていました。その南東端に東西60m、南北60mの池があり、これを中心に構成されている区画が東院庭園です。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされています。


本願寺大書院庭園(ほんがんじだいしょいんていえん)
西本願寺

一般的には「虎渓の庭」(こけいのにわ)と呼ばれています。
池泉式枯山水庭園。築山に枯滝をおき、中央白砂池に鶴亀の島を浮かべ、石橋をかけ、石組が多くあります。虎溪とは中国江西省の盧山の麓にある絶景の渓谷のことで、御影堂の屋根を名山・盧山に見立てた借景とし、北側の巨石で表された枯滝から砂礫の川の流れが大海に注ぐ様が表されています。その虎渓の景観を模して江戸初期に作庭されたことから、虎渓の庭と呼ばれています。
庭の中央には大海に浮かぶ島のような亀島と鶴島があります。
色石やソテツを用いるなど派手で大胆な桃山時代の豪華さが表れているといわれています。



まだ行けていない特別名勝

* 天橋立(あまのはしだて) 日本三景
* 瀞八丁(どろはっちょう)



この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

garcinia cambogia extract
近畿2府4県の特別名勝 | 世界遺産と国宝の旅の地図 in関西
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。