スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

平城宮跡(へいじょうきゅうせき) 2010.5.1 「第一次大極殿」と地図

まずは平城宮跡の動画をご覧ください。




2010.5.1 奈良市内を探索に出かけました。

今回の最大の目的は世界遺産「古都奈良の文化財」の一つ「春日山原始林」を探索することです。

あと特別名勝「平城京左京三条二坊宮跡庭園」と「平城宮跡」にも寄ってみます。

世界遺産「古都奈良の文化財」とは

世界遺産登録理由
奈良市内に点在する寺社等の総称で、東大寺興福寺春日大社元興寺薬師寺唐招提寺平城宮跡春日山原始林からなる。日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有し、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり、後世の発展に重要な影響を与えることになったことなどをはじめ、世界的に見ても高い文化的価値を有するとして、1998年に世界文化遺産に登録されました。

つまり7つの社寺と「春日山原始林」を含めたものが世界遺産「古都奈良の文化財」になるわけです。

やっぱり「春日山原始林」を登らんわけにはいかんでしょう。

ということで愛車「ホンダ TODAY 50CC」で朝7時に自宅を出発。

まずは昨年の12月26日以来の「平城宮跡」をご紹介します。

僕的にはあまり興味をそそらない「平城宮跡」なんですけど、「大極殿」が2010.4.24に復元されオープンしたということで、見ておかないわけにもいかんでしょうし、行きたくても行けない方のためにもご紹介してかねばなりません。

8時ころには「朱雀門」の前に到着しました。

「大極殿」は9時オープンということで周りを探索してみました。

平城宮跡
「朱雀門」


平城宮跡

1998年に平城宮の正門を復元したものです。
間口25m、奥行10m、高さ20m

平城宮跡

「あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」
ここに都があったんだなと思うとさすがに感慨深いものがあります。



平城京について
平城京(へいじょうきょう、へいぜいきょう)は、奈良時代の日本の首都。所謂「奈良の都」です。唐の都「長安」や北魏洛陽城等を模倣して建造されたとされ、現在の奈良県奈良市及び大和郡山市近辺に位置していました。

藤原京から平城京への遷都は707年(慶雲4年)に審議が始まり、708年(和銅元年)には元明天皇により遷都の詔が出されました。しかし、710年(和銅3年)3月10日 (旧暦)に遷都された時には、内裏と大極殿、その他の官舎が整備された程度と考えられており、寺院や邸宅は、山城国の長岡京に遷都するまでの間に、段階的に造営されていったと考えられています。740年(天平12年)、恭仁京や難波京への遷都によって平城京は一時的に放棄されますが、745年(天平17年)には、再び平城京に遷都され、その後784年(延暦3年)、長岡京に遷都されるまで74年間都が置かれ政治の中心地でした。山城国に遷都したのちは南都(なんと)とも呼ばれました。

平城宮(内裏)は朱雀大路の北端に位置し、そこに朱雀門が設置されました。平城宮は平城京造営当初から同じ位置に存在しました。その中心建物である大極殿は740年の遷都の際に取り壊され、後に旧位置の東側に再建された。朱雀大路の南端には羅城門があり、九条大路の南辺には京を取り囲む羅城がありました。ただし、実際には羅城は羅城門に接続する極一部しか築かれなかったのではないかとする説が有力です。

平城宮について
平城京の北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていた。周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門を始め豪族の姓氏に因んだ12の門が設置され、役人等はそれらの門より出入りしました。東端には東院庭園がおかれ、宴等が催されました。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされています。



さすがに「大極殿」がオープンということで、以前来た時とはちがってたくさんの出店などで「朱雀門」の前は大変様子が変わっていました。

前回この「第一次大極殿」の東側にある「第二次大極殿跡」や「東院庭園」「宮内省地区」などはご紹介しましたので興味のある方はどうぞ。

前回2009.12.6の記事はこちらへ

平城宮跡
「第二次大極殿跡」

「第二次大極殿跡」には前回は無かった木の柵が設けられていました。

平城宮跡

「第二次大極殿跡」から「第一次大極殿」が見えます。

前回も紹介しましたけど、なんせこの「平城宮跡」は広いんです。

歩いて回ると結構いい運動になりますよ。

一通り周りを探索していると「大極殿」の入り口が人だかりになってきましたので並びました。

「大極殿」は無料で公開されています。

そしていよいよ9時、開門です。

広大な庭の一番奥に巨大な建物が建っています。

平城宮跡
「第一次大極殿」(復元)


平城宮跡

平城宮跡

平城宮跡 (25)11

平城宮跡


「大極殿」は天皇の即位、元旦の朝賀など国家的儀式の時に天皇が出御する建物です。

正面約44m、側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の宮殿です。

さすがに大きさには圧倒されます。

しかしよく見るとガラス張りになっています。

これ以上はノーコメントにさせていただきます。

しかしこれだけは言っておきます。

この「第一次大極殿」の復元工事に携わった人々のご苦労と努力は半端なものではないと思います。

復元工事の関係者の方々には心から敬意を表したいと思います。

外観をしっかり見た後「大極殿」の中へ。

「大極殿」は外観からは2階建てに見えますが実際は1階建てです。

内部は中央に豪華な「御座」(たかみくら)という天皇の玉座がありその横に屋根の上に乗っている「鴟尾」(しび)がおかれ、あとはは展示品がちょろっとあるだけのものです。

そして壁には十二支がえがかれています。

天井には極彩色の模様が綺麗でした。

平城宮跡
「御座」(たかみくら)


平城宮跡
十二支が描かれた壁


平城宮跡
「鴟尾」(しび)


自分の頭の中で一生懸命奈良時代の様子を創造しながら殿内を見学してみました。

そして一通り「大極殿」を探索して「平城宮跡」を後にしました。

なぜ全体の写真がないのか?

それは「大極殿」の前庭にイベント用のステージが組まれていてせっかくの風景が台無しだったからです。

奈良時代の宮殿を再現したというならそんなもん置くなよと言いたいです。

この大騒ぎが一段落したらゆっくりまた見に来ます。

「朱雀門」のすぐ近くの「平城京歴史館」にはこれも復元された「遣唐使船」も展示されているようですが、500円必要なのでやめました。

興味がある方はぜひ。

やはり前回同様充実感のないまま次の目的地「平城京左京三条二坊宮跡庭園」へとバイクを走らせる僕でした。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた!

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

拝観料 無料

駐車場 あります無料

時間 見学自由

「大極殿」は9時開門です。

その他イベント会場は公式ホームページでお確かめください。


大きな地図で見る


2010.5.1 奈良県探索の旅
平城宮跡 平城京左京三条二坊宮跡庭園 春日山原始林

2009.12.26の平城宮跡探索記へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。