スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

亀吉のおすすめランキング「国宝彫刻スポット部門」

おかげさまで当ブログの探索記も100ヶ所を越えるスポットをご紹介するに至りました。

そこで管理人「亀吉」のおすすめスポットランキングをご紹介したいと思います。

あくまで僕の個人的な趣味で選んでいます。

今回は僕が素晴らしいと思う国宝彫刻を保有する場所を選んでみました。

ただし仏像というものはお寺などに行ったからといっていつでも見られるものではありません。

特に「秘仏」とされる仏像などは年に数回あるいは何年に1回だけしか公開されないものがありますので、見に行かれる前にお確かめになることをおすすめします。

近畿2府 4県の国宝彫刻(仏像)のページに掲載してありますのでよろしかったらご覧ください。



それでは亀吉のおすすめランキング国宝彫刻スポット部門ベスト10です。


ランキング1 第一位 東大寺

東大寺大仏
国宝「盧舎那仏坐像」

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第一位は奈良県の「東大寺」です。
「東大寺」は国宝彫刻13件を保有します。
なんといっても「東大寺」といえば「奈良の大仏さん」こと国宝「舎那仏坐像」があまりにも有名です。「金堂」(大仏殿)に鎮座されている姿は雄大で誰もが「お~」と声を上げる程の素晴らしさです。しかし「東大寺」は「大仏さん」以外にも素晴らしい国宝彫刻が目白押しなんです。「東大寺」の玄関、国宝「南大門」に並び立つ二つの巨像、「仁王さま」こと国宝「金剛力士像」や「戒壇院」の国宝「四天王立像」も日本を代表する彫刻です。
しかし僕が「東大寺」を一位に推した最大の理由は国宝「法華堂」(三月堂)に安置されている仏像群の素晴らしさです。ご本尊国宝「不空羂索観音立像」を中心に、国宝6件(12体)と重文3件(4体)の16体の仏像が内陣を埋め尽くすように並ぶ光景は圧巻です。なにか別の世界にいるような気分にさせてくれます。宗教心の薄い僕ですが僕の「心の拠り所」になっています。なにをおいてもこの「法華堂」が僕にとっては一番のおすすめスポットです。
とにかくためらわずにこの「東大寺」を国宝彫刻部門一位にさせていただきました。

今までの「東大寺」の探索記
2008.2.24の探索記その一 その二
2009.12.26の探索記
2010.4.11「俊乗上人坐像」の探索記
2010.12.16「秘仏良弁僧正坐像と執金剛神立像開帳」の探索記
2011.3.4「お水取り」(修二会)の探索記
2011.4.9 国宝「本坊経庫」(ほんぼうきょうこ)探索記
2011.8.15 「万燈供養会」(まんとうくようえ)の探索記
2012.1.14 東大寺ミュージアム探索記

「大仏殿」拝観料 大人500円・小人300円

駐車場 近隣に市営、民間駐車場あります





ランキング2 第二位 法隆寺

法隆寺釈迦三尊像
国宝「釈迦如来及両脇侍像」(金堂)
絵はがきより

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第二位は奈良県の「法隆寺」です。
「法隆寺」は国宝彫刻17件を保有します。
国宝彫刻に関しても魅力いっぱいの「法隆寺」です。
まずは世界最古の木造建造物「金堂」に安置されている仏像の素晴らしさでしょうか。中央に国宝「釈迦如来及両脇侍像」そして四方を守る国宝「四天王立像」そして国宝「薬師如来坐像」と国宝「毘沙門天・吉祥天立像」とまさに宝の山です。やさしいお顔の「お釈迦様」を見ていると心癒されます。もう一つの宝の山「大宝蔵院」の国宝「観音菩薩立像」(百済観音)も大変魅力的で美しい、なにか人を引き付けるものを持っている仏像です。さすがは「東洋のビーナス」と呼ばれるほどの仏像だなと素人ながらに思います。「大宝蔵院」にはその他にもたくさんの国宝を含む仏像が安置されています。そして僕の大好きな「夢殿」に安置されている「聖徳太子の等身大」とされる国宝「観音菩薩立像」(救世観音)も忘れてはなりません。千年以上秘仏とされていた仏像だけあって保存状態もよく金色に輝く姿はなんともいえない美しさです。「東大寺」には迫力のある仏像がたくさんありますが、「法隆寺」には優しくて美しい仏像がたくさんあります。

今までの「法隆寺」の探索記
2008.3.2の「法隆寺」探索記(1)(2)(3)(4)
2009.12.12の「法隆寺」探索記(1)(2)(3)(4)
2010.3.13の「法隆寺上御堂」特別公開探索記 
2010.3.22の「法隆寺聖霊院」お会式探索記
2010.4.11の「法隆寺」国宝「観音菩薩立像」(かんのんぼさつりゅうぞう)(救世観音)探索記

拝観料 「東院伽藍」「西院伽藍」「大宝蔵院」共通で1000円

駐車場は平均600円ぐらいです。





ランキング3 第三位 蓮華王院(三十三間堂)

三十三間堂
国宝「千手観音坐像」
ウィキペディア(Wikipedia)の写真より

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第三位は京都府の「蓮華王院」(三十三間堂)です。
「蓮華王院」(三十三間堂)は国宝彫刻3件を保有します。
120mもある長い長い「本堂」(三十三間堂)の中にびっしりと並ぶ仏像群を見れば誰もが声を上げることでしょう。
中央に本尊国宝「千手観音坐像」が鎮座し、そのまわりを千手観音立像(1,001躯)が取り囲みます。
そして最前列左右の隅にに国宝「風神・雷神像」そしてずら~っと国宝「二十八部衆立像」がならんでいます。
この光景を見たとき「東大寺」の「法華堂」を見たときと同じぐらい衝撃を受けました。
宗教や仏像になんの興味を持たない方でもこのお堂の中を見れば何かを感じ取るに違いありません。
1,001躯の千手観音立像の中には必ず貴方と同じ顔をされた仏様がいらっしゃるそうなので、それを探してみるのも面白いでしょう。とにかくこれだけの迫力を持つ所は他にはないのではないでしょうか。
京都ではまずこの「蓮華王院」(三十三間堂)が僕のおすすめスポットです。

今までの「蓮華王院」(三十三間堂)の探索記

2009.8.14の蓮華王院(三十三間堂)探索記

拝観料 大人600円、中学・高校生400円、小学生300円

駐車場 あります(無料)

時間 9:00~15:30(4月~11月15日は8:00~16:30)





ランキング4 第四位 広隆寺

広隆寺
国宝「弥勒菩薩半跏像」(宝冠弥勒)
ウィキペディア(Wikipedia)の写真より

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第四位は京都府の「広隆寺」です。
「広隆寺」は国宝彫刻6件を保有します。
「広隆寺」といえばまず国宝第1号に指定された国宝「弥勒菩薩半跏像」(宝冠弥勒)でしょう。
広隆寺に2体ある弥勒菩薩半跏像のうち、「宝冠弥勒」と通称される像で、「霊宝殿」の中央に安置されています。
この「弥勒さま」を始めて見たとき僕の汚い心が少し綺麗になったような気がしました。それほど優しくてすべての者を救ってくれるような「仏様」に見えました。本当に「気がない」というかすべてを超越したような表情をされています。亀吉の一押しの仏像です。
その他にも「霊宝殿」にはもう1体の国宝「弥勒菩薩半跏像」(泣き弥勒)や「不空羂索観音立像」、「千手観音立像」、「十二神将立像」などが安置されています。そして「講堂」には国宝「阿弥陀如来坐像」が安置されています。
「広隆寺」に行けば心癒されること間違いなしです。

今までの「広隆寺」の探索記

2009.10.24の広隆寺探索記

2009.11.15の広隆寺探索記

拝観料 大人700円、高校生500円、小・中学生400円

駐車場 あります無料

時間 9:00~17:00(12~2月は~16:30)





ランキング5 第五位 興福寺

興福寺
国宝「阿修羅像」(八部衆立像のうち)
ウィキペディア(Wikipedia)の写真より

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第五位は奈良県の「興福寺」です。
「興福寺」は国宝彫刻17件を保有します。
国宝彫刻17件は「法隆寺」と並んで我が国の国宝彫刻の14%を保有することになります。
まず国宝「東金堂」に本尊「薬師如来坐像」(重文)と共に安置されている4件「維摩居士坐像」「文殊菩薩坐像」「四天王立像」「十二神将立像」を見ただけでも十分価値はありますが、「興福寺」はすごいです。国宝「北円堂」に3件「南円堂」に2件、そして「国宝館」には8件もの国宝彫刻があります。特に国宝「四天王立像」を3件も保有しているのは「興福寺」だけです。さらに「国宝館」には今ものすごい人気になっている国宝「八部衆立像」の一つ「阿修羅像」が安置されています。三面六臂(さんめんろっぴ)のこの仏様は、やはりなにか人を引き付けるものを持っているでしょうね。三つのお顔それぞれがなんともいえない表情をされています。宗教や仏像に興味の無い方でもこの像を見ればきっと何かを感じることができることでしょう。他にも旧山田寺講堂本尊で白鳳時代の国宝「仏頭」や巨大な国宝「千手観音立像」など素晴らしい仏像が館内を埋め尽くします。仏像ファンにはたまらない「興福寺」です。

今までの「興福寺」の探索記
2008.2.24の興福寺探索記
2009.12.26の興福寺探索記
2010.10.23の興福寺探索記

拝観料 国宝館 大人 大学 500円 高校 中学 400円 小学150円
    東金堂 拝観料大人 大学 300円 高校 中学 200円 小学100円





ランキング6 第六位 東寺

東寺
「講堂」内の「立体曼荼羅」
パンフレットより

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第六位は京都府の「教王護国寺」(東寺)です。
「教王護国寺」(東寺)は8件の国宝彫刻を保有します。
なんといっても「教王護国寺」(東寺)の彫刻の魅力は「講堂」内の諸尊でしょう。
堂内の白亜の壇上には大日如来を中心とした五知如来をはじめ、五菩薩、五大明王、四天王、梵天、帝釈天の二十一躯の仏像が安置されています。これは弘法大師の密教の教えを表現する立体曼荼羅(密厳浄土の世界)です。
講堂内の国宝彫刻は「五大菩薩坐像」(金剛薩曙煤E金剛法・金剛宝・金剛業の4躯。後世作の中尊像は指定外)「五大明王像」(不動明王・降三世明王・大威徳明王・軍荼利明王・金剛夜叉明王 の5躯)「梵天・帝釈天像」「四天王立像」です。この「立体曼荼羅」を見たとき「東大寺法華堂」や「三十三間堂」を見たときと同じぐらい感動を覚えました。堂内はまさに別世界といえるでしょう。一見の価値ありです。

今までの「教王護国寺」(東寺)の探索記
2009.8.14の教王護国寺(東寺)探索記(1)(2)

拝観料 境内自由

堂塔拝観料 大人500円、高校生400円、小・中学生300円

駐車場 あります 2時間600円(その後1時間毎300円)

時間 境内自由(堂塔拝観は8:30~17:00)





ランキング7 第七位 浄瑠璃寺

浄瑠璃寺
国宝「阿弥陀如来坐像」
パンフレットより

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第七位は京都府の「浄瑠璃寺」です。
「浄瑠璃寺」は国宝彫刻2件を保有します。
「浄瑠璃寺」の魅力は国宝「浄瑠璃寺本堂」(九体阿弥陀堂)でしょう。中央に池があり、東に薬師如来の住む「浄瑠璃浄土」西に阿弥陀如来の住む「西方極楽浄土」をあらわした庭園の西側に建っています。平安後期に建てられた九体阿弥陀堂は、藤原道長の造営した法成寺無量寿院をはじめ、記録に残るだけで約30棟あったとされますが、現存するものはこの浄瑠璃寺本堂のみの貴重なものだそうです。黄金に輝く国宝「阿弥陀如来坐像」9 体が横一列に並ぶ光景は圧巻ですよ。国宝「四天王立像」のうち「持国天」「増長天」の2体も安置されています。(残り「多聞天」「広目天」は東京国立博物館)池に映る「本堂」も大変綺麗です。
とにかくこれだけの「阿弥陀様」はここでしか見られないという所に魅力を感じます。

今までの「浄瑠璃寺」の探索記

2008.3.16の浄瑠璃寺探索記

拝観料 中学生以上300円、小学生150円

駐車場 近くに有料駐車場あります 





ランキング8 第八位 観心寺

観心寺
国宝「如意輪観音坐像」
ウィキペディア(Wikipedia)の写真より

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第八位は大阪府の「観心寺」です。
「観心寺」は国宝彫刻1件を保有します。
しかしこの1件の国宝「如意輪観音坐像」が素晴らしいんです。「如意輪観音坐像」は国宝「金堂」に安置されています。しかもこの「如意輪観音坐像」は秘仏とされていて毎年4月17、18日の2日間のみのご開帳になります。
平安時代前期・9世紀の作で像高108.8cm。六臂(手が6本)の密教彫像です。右脚を立て膝とし、6本の手のち、右第一手は頬に当てて思惟相とし、第二手は数珠、第三手は胸前で如意宝珠をそれぞれ持つ。左は第一手に蓮茎、第三手に法輪をそれぞれ持ち、第二手は地に触れる。弘仁6年(815)、弘法大師空海はこの地を訪れ、自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」の寺号を与えたといいます。それだけでも十分に興味をそそります。とにかく姿、形、表情なにをとっても他の仏像とは違う何かを持っているような気がします。どんな望みもかなえてくださるという素晴らしい仏様です。年に2日間しか見られないというところも魅力の一つではないでしょうか。

今までの「観心寺」の探索記

2008.3.30の観心寺探索記
2010.4.18の観心寺探索記

拝観料 300円(宝物館見学料含む)

駐車場 あります 無料

時間 9:00~16:30





ランキング9 第九位 薬師寺

薬師寺
国宝「薬師三尊像」
ウィキペディア(Wikipedia)の写真より

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第九位は奈良県の「薬師寺」です。
「薬師寺」は国宝彫刻3件を保有します。
「薬師寺」といえばやはり「金堂」に安置されている国宝「薬師三尊像」でしょう。中尊は薬師如来、左脇侍(向かって右)に日光菩薩(にっこうぼさつ)、右脇侍に月光菩薩(がっこうぼさつ)を配しています。像高は薬師如来254.7センチメートル、日光菩薩317.3センチメートル、月光菩薩315.3センチメートルです。日本の仏像彫刻が、中国・六朝や唐の影響を受けつつ、独自の古典様式を完成した奈良時代の作品のなかでも最高傑作の1つとして古来名高いものです。中尊の薬師如来もさることながら両脇侍の日光菩薩と月光菩薩のプロポーションがたまらなく美しいです。素人目に見ても最高傑作と言われて当然だと思わせるほどの仏像です。僕が今までにみた薬師三尊の中でもやはり一番心に残っています。その他国宝「東院堂」には白鳳時代の国宝「観音菩薩立像」が安置されています。こちらも大変美しい観音様です。

今までの「薬師寺」の探索記

2008.2.24の薬師寺探索記
2010.10.23の薬師寺探索記

拝観料
玄奘三蔵院伽藍公開時
大人800円 中学生・高校生700円 小学生300円
玄奘三蔵院伽藍閉鎖時
大人500円 中学生・高校生400円 小学生200円

駐車場 あります 500円





ランキング10 第十位 聖林寺

聖林寺
国宝「十一面観音立像」
パンフレットより

「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門第十位は奈良県の「聖林寺」です。
「聖林寺」は国宝彫刻1件を保有します。
その1件の国宝彫刻とは国宝「十一面観音立像」です。
国宝を所有するお寺としては非常に小さいお寺なんですが、この「十一面観音立像」は僕にとってはとても印象に残っています。「十一面観音立像」は本堂から階段を上がったところにある「観音堂」(大悲殿)に安置されています。天平時代を代表する仏像だそうです。僕もいろんな「十一面観音」を見てきましたがこれほど威厳があるというかなにか力があるというか、なんだかわかりませんが素晴らしいと思ったのはこの「聖林寺」の仏様が一番です。
十一面観自在菩薩心密言念誦儀軌経によれば、10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)をもたらすと言われます。「観音寺像」や「法華寺像」「室生寺像」「道明寺像」など素晴らしい「十一面観音像」が数ある中で僕の一番のお気に入りの「聖林寺像」をベスト10に選ばせていただきました。

今までの「聖林寺」の探索記

2008.3.2の聖林寺探索記

拝観料 大人(中学生以上) 400円 小学生 200円

駐車場 あります。無料でした






以上が「亀吉」が選ぶおすすめスポット国宝彫刻部門です。

悩みに悩んで選んだランキングでしたがいかがでしょうか?

あくまで僕の独断ですのであしからず。

これからもいろいろな視点でランキングをやってみたいと思っています。

「私ならここが1番だ」や「ここがこんな順位なんておかしい」などのご意見やご感想がありましたらぜひコメントか「掲示板」に書き込みしていただけるとうれしいです。

今後とも当ブログをよろしくおねがいいたします。

管理人 亀吉

亀吉のおすすめランキング総合部門へ

亀吉のおすすめランキング国宝建造物スポット部門へ

亀吉のおすすめランキング国宝彫刻スポット部門へ

亀吉のおすすめランキング庭園スポット部門へ

亀吉のおすすめランキング国宝建造物単体部門へ

亀吉のおすすめランキング国宝彫刻単体部門へ

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
ランキング
人気ブログランキングへ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オークリー レンズ
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 亀吉のおすすめランキング「国宝彫刻スポット部門」
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。