スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都奈良の文化財その二 東大寺(とうだいじ)の国宝と地図その二

まずは東大寺の様子を動画でご覧ください。




2008.2.24世界遺産 古都奈良の文化財探索はまだまだ続きます。

前回に続いて「東大寺」探索について書こうと思います。

前回はこちらへ

世界遺産「古都奈良の文化財」とは
世界遺産登録理由
奈良市内に点在する寺社等の総称で、東大寺興福寺春日大社元興寺薬師寺唐招提寺平城宮跡春日山原始林からなる。日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有し、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり、後世の発展に重要な影響を与えることになったことなどをはじめ、世界的に見ても高い文化的価値を有するとして、1998年に世界文化遺産に登録されました。



ここで前回に続いて今回は東大寺の伽藍について
ウィキペディア(Wikipedia)より
東大寺の境内は平城京の外京の東端を区切る東七坊大路(現国道169号)を西端とし、西南部は興福寺の境内と接していた。

南大門を入って参道を進むと、正面に中門(南中門)、その先に大仏殿(正式には「金堂」)がある。中門からは東西に回廊が伸び、大仏殿の左右に達している。回廊は、現在は大仏殿の南側にしかないが、当初は北側にも回廊があり、回廊北面の中央には「北中門」があった。

南大門から中門への参道の東側には東大寺の本坊があり、反対の西側には東大寺福祉療育病院などがある。 大仏殿の東方には俊乗堂、行基堂、念仏堂、鐘楼などがあり、そのさらに東方の山麓は「上院」(じょういん)と呼ばれる地区で、開山堂、三昧堂(四月堂)、二月堂、法華堂(三月堂)などがあり、その南には鎮守の手向山八幡宮(東大寺とは別法人)がある。

大仏殿の西方には指図堂(さしずどう)、勧進所、戒壇院などがある。大仏殿の北方、やや西寄りには正倉院の校倉造宝庫と鉄筋コンクリート造の東宝庫・西宝庫がある。なお、正倉院の建物と宝物は国有財産で、宮内庁正倉院事務所が管理している。境内西北端には奈良時代の遺構である転害門(てがいもん)がある。

かつてはこれら以外にも多くの堂塔が存在した。大仏殿の北には講堂と僧坊があり。これらの東には食堂(じきどう)があった。僧坊は講堂の北・東・西の3面にコの字形に設けられたので「三面僧坊」と称した。大仏殿の手前の東西には東塔・西塔(いずれも七重塔)があった。これらの塔は、周囲を回廊で囲まれ、回廊の東西南北4か所に門を設けた「塔院」を形成しており、他寺に例をみない規模のものであった。西の東七坊大路に面しては3つの門が開かれていたが、このうち北の門のみが現存する。

毎年1月1日の0時から8時までの間、中門(重要文化財)が開かれ、金堂(大仏殿・国宝)内に無料で入堂できる(通常入堂料:大人500円・小人300円)。参拝は午前7時半から受け付けている。


大仏殿を後にした僕は、また山のほうに向かって歩き出しました。
とにかく東大寺は広いです。どこからどこまでを東大寺と呼ぶのでしょうか?
とにかく裏参道を登っていくと、よくTVで見かける建物が見えてきました。
それは’お水取り’で有名な国宝「二月堂」でした。
東大寺 二月堂
国宝「東大寺二月堂」

国宝「東大寺二月堂」
寛文9(1669)
懸造、桁行十間、梁間七間、一重、寄棟造、本瓦葺
奈良時代(8世紀)創建の仏堂です。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されています。
お水取りは正式には修二会(しゅにえ)と言うそうです。
この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになったそうですよ。二月堂の下に、お水取りに使われる。あるいは使われたと思われるたいまつを燃やす長い棒状の竹みたいなものが並べられていました。
お水取りは天平勝宝4年(752)以来一度も途絶えることなく続けられてきた伝統行事だそうです。
階段を上り二月堂へ、そこから見る景色は最高でした!

二月堂を一通り拝観した後国宝「法華堂」(三月堂)へと足を運びました。

法華堂は二月堂のすぐ下にあります。
とにかく法華堂の中を見ようと拝観料を払って中に入ってみるとそこには別世界がありました。
入堂料大人500円 子供300円




じゃらんnetで奈良の宿をチェックする



東大寺 法華堂
国宝「東大寺法華堂」(三月堂)

国宝「東大寺法華堂」(とうだいじほっけどう)
天平19頃(正堂)、正治元(礼堂)(747頃(正堂)、1199(礼堂))
正面五間、側面八間、前部入母屋造、後部寄棟造、本瓦葺閼伽棚を含む

法華堂について

ウィキペディアより

東大寺法華堂(とうだいじほっけどう)は、奈良県奈良市の東大寺にある奈良時代(8世紀)建立の仏堂。一般には三月堂(さんがつどう)の通称で知られる。日本の国宝に指定。東大寺に現存する数少ない奈良時代建築の1つであり、堂内に安置する仏像のうち14体(うち4体は東大寺ミュージアムに移動)も奈良時代の作である。

「三月堂」の通称で知られる法華堂は、東大寺境内東方の丘陵部に位置する、不空羂索観音立像(ふくうけんざくかんのんりゅうぞう)を本尊とする仏堂である。東大寺は広大な境内を有するが、このうち法華堂が位置する東方丘陵部の一画を「上院」(じょういん)と称し、法華堂のほか、「お水取り」で知られる二月堂、東大寺開山の良弁(ろうべん)の像を祀る開山堂など、多くの建物がある。この付近は大仏開眼(752年)以前から、東大寺の前身寺院があった場所で、法華堂はその主要堂宇の1つであった。

東大寺では、治承4年(1180年)の平重衡の兵火と、永禄10年(1567年)の三好・松永の兵乱とにより、創建当時の建物の多くが失われた。東大寺に現存する奈良時代の建物としては転害門(てがいもん)と本坊経庫などの校倉(あぜくら)があるが、奈良時代建立の仏堂で現存するものは法華堂のみである。法華堂は奈良時代仏堂の数少ない現存例として貴重であり、安置される仏像群とともに天平盛期の文化を今日に伝えている。仏像群のなかでは本尊の不空羂索観音立像のほか、日光・月光菩薩立像(にっこう・がっこうぼさつりゅうぞう)、執金剛神立像(しつこんごうしんりゅうぞう)などが著名である(日光・月光菩薩像は東大寺ミュージアムに移動)。

「法華堂」の名称、及び「三月堂」の通称の由来については、「毎年3月、この堂において法華会(ほっけえ)という行事が営まれるからである」と一般には説明されている。しかし、法華会の行事は平安時代後期の11世紀には法華堂ではなく講堂で行われるように変更されている。元和4年(1618年)からは再び法華堂で法華会が行われるようになったが、その実施時期も3月ではなく11月であった。そして、現在は法華会自体行われなくなっている。

創建

法華堂は、不空羂索観音を本尊とすることから、古くは「羂索堂」と称し、周囲の付属建物を含めて「羂索院」と称された。『東大寺要録』「諸院章」には、「羂索院」は天平5年(733年)、良弁(ろうべん)が不空羂索観音を本尊として創建したものであると記されている。ただし、近代以降の学術的研究の進展により、今日ではこの天平5年創建説は史実とは見なされておらず、実際の創建時期は天平12年(740年)から同20年(748年)頃と推定されている。

正倉院に「東大寺山堺四至図」(とうだいじさんかいしいしず)という、東大寺の寺域を表した絵図があるが、これを見ると現法華堂の位置に「羂索堂」の存在が明記されており、絵図が作成された天平勝宝8年(756年)の時点でこの堂が「羂索堂」と呼ばれ、東大寺の主要堂宇の1つであったことがわかる。法華堂(羂索堂)の正確な創建年次については研究者によって意見が異なるが、大仏開眼(天平勝宝4年・752年)にやや先立つ8世紀第2四半期の建立であり、東大寺の前身寺院である金鐘寺(こんしゅじ、きんしょうじ)に属した仏堂であって、本尊像も同じ頃の造立であるということは大筋で認められている。

東大寺境内東方の春日山麓には東大寺と関係の深い複数の寺院が存在した。前出の金鐘寺(金鐘山房)とは別に、光明皇后の発願で春日山西麓に建立された福寿寺という寺院の存在も知られている。金鐘寺の存在を示す史料としては、天平11年(739年)の正倉院文書(大日本古文書2 - 352)に「金鐘山房」とみえるのが古い例である。この金鐘山房の起源について、家永三郎は神亀5年(728年)に聖武天皇によって創建されたとする。家永は、『続日本紀』神亀5年11月3日条に「従四位下智努王(ちぬおう)を以って造山房司長官となす」とある記述に注目し、これは、同年9月に生後1年未満で死去した皇太子基王(もといおう)の追善のため、父の聖武天皇が「山房」を造らせたことを意味し、これが「金鐘山房」にあたると推論した。『東大寺要録』が引用する天平14年(742年)7月14日付けの太政官符には「金光明寺と称(い)う。本名金鐘寺」との記載があり、前年の天平13年に聖武天皇が発した国分寺・国分尼寺造立の詔を受けて、金鐘寺が大和国の国分寺(金光明寺)と位置付けられたことが窺われる。

金鐘山房(金鐘寺)・福寿寺・金光明寺の関係については諸説あり、金鐘寺の正確な位置、福寿寺との関係などの具体的実態については、いまだ不明の部分が多い。金鐘山房(金鐘寺)の位置については、出土瓦等から、東大寺二月堂の北方に位置する丸山西遺跡をそれにあてる説が有力視されている。一方、福寿寺は上院地区(二月堂、法華堂付近)にあり、これが「山房」と併せて金鐘寺と称されるようになり、天平14年頃には大和国の国分寺として金光明寺とも称されていた、というのが一般的な理解である。法華堂はこれらの前身寺院に属した仏堂であったと推定され、金光明寺の金堂であったとする説もある。

昭和46年(1971年)から翌年にかけて、法華堂の屋根修理に際し、使用されている瓦を調査したところ、天平12年(740年)から同15年まで用いられた恭仁京所用瓦と同じ様式の、文字刻印入りの瓦が多数発見された。これにより、法華堂の建立年代をこの時期に求める説がある。一方、正倉院に残る天平19年(747年)正月8日付の文書には、金光明寺造物所が「羂索菩薩」の「光柄及び花蕚」用に「鉄二十挺」を申請したことがみえる。この文書を最初に取り上げたのは美術史家の源豊宗で、彼はこの記述を法華堂本尊不空羂索観音像の光背と台座用の注文とみなし、天平19年(747年)には本尊像がなお制作中であったことの傍証であるとした。



法華堂内には本尊の不空羂索観音立像を中心に合計18体の仏像が所狭しと立ち並んでいました。
国宝14体
*不空羂索観音立像
*日光菩薩立像
*月光菩薩立像
*梵天立像
*帝釈天立像
*持国天立像
*増長天立像
*広目天立像
*多門天立像
*執金剛神立像
*金剛力士立像(阿形)
*金剛力士立像(吽形)
重文4体
*吉祥天立像
*弁財天立像
*地蔵菩薩坐像
*不動明王半跏像

国宝「不空羂索観音立像」(ふくうけんざくかんのんりゅうぞう)
奈良時代。高さ3.6メートル。三眼八臂(額に縦に第3の目があり、8本の腕をもつ)の観音像。頭上の宝冠は、正面に銀製の阿弥陀如来像を飾り、数多くの宝石や透かし彫りで飾った華麗なもので、普段は近くで見ることはできないが、奈良時代工芸の優品として知られます。

国宝「日光・月光菩薩立像」 (にっこうがっこうぼさつりゅうぞう)
奈良時代。本尊不空羂索観音の両脇に静かに合掌して立っています。天平彫刻の代表作として著名ですが、造像の経緯等は定かでなく、本来の像名も不明である(「日光・月光菩薩」という名称は後世に付けられたもので、本来は、薬師如来の脇侍となる菩薩)。像の表面は現状ほとんど白色ですが、制作当初は彩色像でした。本来の像名は梵天・帝釈天だった、とする説もあります。

「吉祥天・弁才天立像」(きちじょうてん・べんざいてんりゅうぞう)
奈良時代。堂内の厨子に安置されています。唐三彩の婦人俑に似た豊満な貴婦人の形をとっています。吉祥天は二臂、弁財天は八臂。いずれも破損が著しいがかえって塑像の構造が明らかにされており、美術史上貴重な資料です。

国宝「執金剛神立像」(しゅこんごうじんりゅうぞう)
本尊不空羂索観音の背後の厨子に北向きに安置される。右手に金剛杵(こんごうしょ、仏敵を追い払う武器)を持ち、目を吊り上げて威嚇する武神像。長らく秘仏であったため、当初の彩色がよく残ります。執金剛神とは、仁王像を1体で表わしたもの。本像は東大寺の開山(初代住職)良弁の念持仏と伝え、平将門の伝説でも知られる、古来著名な像です。伝説によれば、平将門が東国で乱を起こした時、この像の髻(もとどり、結髪)を結んでいる元結紐(もとゆいひも)の端が蜂となって飛び去り、将門を刺して苦しめたという。たしかに、本像の元結紐は今も片側が欠失しています。秘仏であり、良弁の命日の12月16日のみ公開されます。

堂内は撮影禁止ですので写真は撮れませんでした。
堂内は以外に狭く僕が入った時には人が一人もいなかったので、この法華堂を独り占め状態でした。
18体の仏像に睨まれている感じでなんともいえない気分になりました。

堂内はまさに別世界で一見の価値ありです。
心あらわれるひと時を過ごさせていただきました。感謝です!

東大寺 開山堂
国宝「東大寺開山堂」

国宝「東大寺開山堂」(とうだいじかいざんどう)
建長2、正治2(内陣)(1250、1200(内陣))
桁行三間、梁間三間、一重、宝形造、本瓦葺
開山(初代住職)良弁の肖像を安置するための堂だそうです。内陣は正治2年(1200年)、外
陣は建長2年(1250年)の建築で、東大寺南大門とともに、大仏様(よう)建築の数少ない遺作だそうです。本尊木造良弁僧正坐像(国宝)は平安初期9世紀の作品で、良弁の命日の12月16日のみ公開されるそうです。

法華堂の向かいには「四月堂」「手向山八幡宮」もありました。
どれもすばらしい歴史を感じる建物でした。

さらに僕は石畳の階段を降りて大仏殿のい方向へ向かいました。
するとそこに何気なくいわゆる’お寺の鐘’がありました。
東大寺 鐘楼
国宝「東大寺鐘楼」

国宝「東大寺鐘楼」(とうだいじしょうろう、しゅろう)
鎌倉前期
桁行一間、梁間一間、一重、入母屋造、本瓦葺
「梵鐘」(ぼんしょう)も国宝に指定されています。
鎌倉時代、13世紀初頭の建築だそうです。吊られている梵鐘(国宝)は大仏開眼と同年の天平勝宝4年(752年)の制作で、中世以前の梵鐘としては最大のもの(高385センチ、口径271センチ)だそうです。

ポツンと建っているのですが、さすがは東大寺、世界遺産です。

他にも、正倉院まで行ったのですが土日はやってません!
宮内庁管轄だそうで、さすがはお役所仕事だなあってかんじです。残念!

行き忘れて後で調べて後悔したのは、「戒壇院」(かいだんいん)と国宝「転害門」を見るのを忘れた事です。
今度来たら必ず拝ませていただきます。
その時は大満足で墨から墨まで見た気になっていた僕でした。

見所いっぱいの東大寺を後にした僕は「春日大社」へと向かうのでした!

この続きはまた次回ということで...。

それではまた!

「東大寺」公式ホームページへ

「大仏殿」拝観料 大人500円・小人300円

駐車場 近隣に市営、民間駐車場あります

追記 2008.3.8 東大寺 国宝「転害門」に行ってきました。写真を掲載しておきます。

東大寺 転害門
国宝「東大寺転害門」

国宝「東大寺転害門」(とうだいじてがいもん)
奈良時代
三間一戸八脚門、切妻造、本瓦葺
境内西北、正倉院の西側にある八脚門。平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の大火にも焼け残った寺内で数少ない建物の1つだそうです。鎌倉時代の修理で改変されているが、基本的には奈良時代の建物だそうです。

大きな地図で見る


2008.2.24の探索記その一 その二

2009.12.26の探索記

2010.4.11「俊乗上人坐像」の探索記

2010.12.16「秘仏良弁僧正坐像と執金剛神立像開帳」の探索記

2011.3.4「お水取り」(修二会)の探索記

2011.4.9 国宝「本坊経庫」(ほんぼうきょうこ)探索記

2011.8.15 「万燈供養会」(まんとうくようえ)の探索記

2012.1.14 東大寺ミュージアム探索記

2008.2.24 奈良県の国宝建造物と彫刻探索の旅
興福寺 東大寺(1) 東大寺(2) 春日大社 元興寺 薬師寺 唐招提寺 


★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時...
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。