スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

教王護国寺(きょうおうごこくじ)(東寺)の国宝と地図 2011.2.12 その三

まずは「東寺」の動画をご覧ください。




2011.2.12 京都の国宝建造物と彫刻探索記は続きます。

教王護国寺(東寺)の探索の続きをご紹介します。

前回、前々回の様子はこちらへ。

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その一

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その二

前回は国宝「教王護国寺大師堂」(西院御影堂)付近までご紹介しました。

3回も一つのお寺に費やすときは相当力が入っているときです。

やはり僕が「矢沢永吉」の次に尊敬している人物「弘法大師空海」のお寺だからでしょうか。

いや「世界遺産と国宝」をメインにするからにはここ「東寺」は京都において、いや日本においても最も重要な場所の一つだと思います。

と言うか、やはり「東寺」を探索するにつれてその実感が強く沸いてくるのでした。

ここまで紹介した中では「講堂」の「立体曼荼羅」ですね。

こんな言い方したら怒られるかもしれませんが、「弘法大師」のセンスの良さに圧倒されました。

宗教心があまりない僕でさえ「素晴らしい」と思うこと事態がすごいと思うんです。

「何が?」とか「どこが?」とかいわれても困るんですけど心の中で感じるんですよね。

いつかどこがいいのかちゃんと言える人間になりたいと思っています。

さて今回の「東寺」もあとは国宝「教王護国寺五重塔」を残すのみとなりました。

この日は特別に「初層」が公開されていました。

またとないチャンスです。

TVなどで何度か見たことはありますが、この目で見られるとは感激でした。

まず拝観受付から入りすぐの所に樹齢120年の「不二桜」という桜があります。

東寺
「不二桜」


満開の「不二桜」を見てみたいものです。

そこから「五重塔」の間は綺麗な庭園になっています。

池が広がりそこから見る「五重塔」や「金堂」「講堂」の風景も素敵です。

東寺
左「金堂」 右「講堂」


そして境内の一番隅に国宝「教王護国寺五重塔」は建っています。

東寺
国宝「教王護国寺五重塔」


国宝「教王護国寺五重塔」(きょうおうごこくじごじゅうのとう)
寛永20(1643)
三間五重塔婆、本瓦葺

東寺
初層内部 パンフレットより


東寺のというよりは京都のシンボルとなっている塔です。高さ54.8メートルで木造塔としては日本一の高さを誇ります。天長3年(826年)空海により、創建着手にはじまりますが、実際の創建は空海没後の9世紀末でありました。雷火や不審火で4回焼失しており、現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)、徳川家光の寄進で建てられたものです。初重内部の壁や柱には両界曼荼羅や真言八祖像を描き、須弥壇には心柱を中心にして金剛界四仏像と八大菩薩像を安置します。真言密教の中心尊である大日如来の像はここにはなく、心柱を大日如来とみなしています。江戸時代初期の作風を伝えます。

さすがです。

「醍醐寺」や「法隆寺」「興福寺」など「五重塔」は見てきましたけど、迫力と言う点では一番でしょう。

まずは何週も「五重塔」の周りを回りました。

見とれてしまいます。そして首が疲れます。

そして「五重塔」内部へと。

感動です。素晴らしいです。

いままでTVでしか見たことがなかった五重塔内部です。

金剛界四仏像と八大菩薩像はもちろん須弥壇、心柱など全てがまず大きいです。

そして壁に描かれた両界曼荼羅や真言八祖像、特に「弘法大師空海」の絵には感動しました。

本当に本やTVで見たものが実際に目の前にあるもんで。

しかもめったにみられるもんではないですからね。

本当にいいものを見せていただきました。感謝です。

外に出てからも何週か「五重塔」のまわりを歩きました。

そして改めて「東寺」の素晴らしさを実感したのでした。

とここで忘れてました。

「観智院」が公開されていることを。

あわてて「北大門」を出て「観智院」へ。

観智院について
北大門を出て櫛笥(くしげ)小路を進んだ右側に位置します。塔頭寺院ですが、別格本山となっています。学僧であった杲宝(ごうほう)を1世として延文4年(1359年)に子院として創建されました。杲宝は現在国宝となっている「東宝記」という東寺の創建から室町時代に至る寺史をまとめました。これは弟子の賢宝により補足完成されました。観智院は東寺のみならず真言宗全体の勧学院と位置づけられ、多くの学僧を輩出しています。経蔵である金剛蔵には膨大な文書・典籍・聖教類が所蔵されていましたが、現在は東寺宝物館に移されています。通常非公開ですが、春秋などに特別公開される場合があります。

東寺
国宝「観智院客殿」
パンフレットより

国宝「観智院客殿」(かんちいんきゃくでん)
慶長10(1605)
桁行12.7m、梁間13.7m、一重、入母屋造、妻入、正面軒唐破風付
中門 桁行一間、梁間一間、一重、切妻造
総銅板葺
慶長10年(1605年)の建立。桃山時代の典型的な書院造りの建造物として国宝に指定されています。上の間には宮本武蔵筆といわれる「鷲の図」などの襖絵があります。客殿南の庭園は「五大の庭」と称されています。

手前に広がる庭が「五大の庭」です。

誰もいなかったので国宝独占状態でした。

ここもいつも公開されているわけではないので今回拝観できて良かったです。

知らずに来たので本当にこの日はラッキーでした。

庭、建物共に素晴らしかったです。

以上が「東寺」の探索記です。

「東寺」の良さが少しでも伝わったでしょうか?

本当に文章がヘタクソな自分がいやになります。

とにかく「東寺」は数ある世界遺産や国宝スポットの中でも超おすすめです。

時間とお金がゆるすなら何度でも足を運びたくなるようなところです。

いろんなところで「弘法大師空海」に出会い伝説を見聞きしてきました。

やはりこの「東寺」と「高野山」は特別なところです。

今司馬遼太郎さんの「空海の風景」という本を読み始めたところです。



 

空海の風景(上巻)改版   空海の風景(下巻)改版

もう少し「空海」について勉強してから「空海」ゆかりのお寺を探索して行きたいという気持ちも沸いてきたからです。

そうすればもっとうまくお寺の良さが伝えられることでしょう。

次回の「東寺」を楽しみにしていて下さい。

とにかく大満足で「東寺」を後にした僕は市バスに乗り込み次の目的地「東福寺」を目指すのでした。

しかし続きは次回ということで。

「東寺」公式ホームページへ

拝観料 境内自由

堂塔拝観料 大人500円、高校生400円、小・中学生300円

駐車場 あります 2時間600円(その後1時間毎300円)

時間 境内自由(堂塔拝観は8:30~17:00)



より大きな地図で 教王護国寺 を表示






じゃらん.netで京都の宿をチェックする


この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その一

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その二

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。