スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

慈照寺(じしょうじ)(銀閣寺)の国宝と地図 2011.2.12

まずは「慈照寺」(銀閣寺)の動画をご覧下さい。




2012.2.12 京都府の国宝建造物と彫刻探索の度は続きます。

「東福寺」を後にした僕は再び京都市バスに乗り込み次の目的地「慈照寺」(銀閣寺)へと向かいます。

やはりお得なきっぷは役立ちます。乗れば乗るほどにお得です。

そんなこんなで「銀閣寺」バス停に到着。

有名な「哲学の道」を歩いていくと目的地「慈照寺」です。

「五山の送り火」で有名な「大文字」の山の麓に「慈照寺」はあります。

銀閣寺
「慈照寺」への参道


にぎやかな参道を抜けると「総門」があります。

銀閣寺
「総門」


ここ「慈照寺」(銀閣寺)は2度目の探索になります。

前回は2009.10.4に来ました。その時の様子はこちらへ

前回は目的の国宝「慈照寺銀閣」が解体修理中で大変残念でした。

どうしても綺麗になった「銀閣」が見たくて今回はやって来ました。

しかもカメラのバッテリーは切れるし写真もろくに撮れない状態でした。

今回はそんなことが無いように万全の体制で来ました。

ここ慈照寺(銀閣寺)は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつです。
世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)竜安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。

慈照寺
パンフレットより



慈照寺(銀閣寺)について
ウィキペディアより
慈照寺(じしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する臨済宗相国寺派のお寺です(相国寺の境外塔頭)。

山号は東山(とうざん)。開基は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされています。夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山といいます。寺紋は五七桐および二つ引両。

足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られます。

歴史
室町幕府8代将軍足利義政は、1473年(文明5年)、嗣子足利義尚に将軍職を譲り、 1482年(文明14年)から、東山の月待山麓に東山山荘(東山殿)の造営を始めました。この地は、応仁の乱で焼亡した浄土寺のあったところであり、近代以降も左京区浄土寺の地名が残っています。

当時は応仁の乱が終了した直後であり京都の経済は疲弊していましたが、義政は庶民に段銭(臨時の税)や夫役(ぶやく、労役)を課して東山殿の造営を進め、書画や茶の湯に親しむ風流な生活を送っていました。造営工事は義政の死の直前まで8年にわたって続けられましたが、義政自身は山荘の完成を待たず、工事開始の翌年である1483年(文明15年)にはここに移り住んでいました。東山殿には会所、常御所(つねのごしょ)などの大規模な建物が建ち、足利義満の北山殿(後の鹿苑寺)ほどではありませんが、ある程度政治的機能ももっていました。ただし、現存する当時の建物は銀閣と東求堂(とうぐどう)のみです。
1490年(延徳2年)2月、同年に死去した義政の菩提を弔うため東山殿を寺に改め、相国寺の末寺として創始されたのが慈照寺です。

戦国時代末期には前関白近衛前久の別荘にもなりましたが、これは慈照寺の歴代住持に近衛家出身者が多かったことによります。前久の死後は再び相国寺の末寺として再興されました。

1952年3月29日には庭園が 特別史跡および特別名勝に指定されました。1994年12月17日には「古都京都の文化財」として 世界遺産に登録されています。


ここで僕の大好きな国宝のご紹介
建造物
*銀閣
*東求堂
以上



「総門」を抜けると「銀閣寺垣」が広がります。

銀閣寺
「銀閣寺垣」

整えられた「垣」を見ているだけでも「慈照寺」の良さが伝わってきます。

拝観料を払いいよいよ境内へ。

「中門」をくぐると「庫裏」「書院」が左手にありそこを抜けると素晴らしい光景が待っています。

銀閣寺
「向月台」

まずは「向月台」です。
なんのために作られたのかはわかりませんが名前からして「月に向かうための台」なんでしょう。
なんのためのものなのかご存知の方いらっしゃいましたらコメントでも掲示板でもおねがいします。

そして「銀沙灘」(ぎんしゃだん)です。
銀閣寺
「銀沙灘」(ぎんしゃだん)と「本堂」

江戸後期に造られたそうです。
ということは「慈照寺」が出来た頃には無かったということですね。
夜になると月のあかりで銀沙灘の波紋が光り幻想的な世界が広がるそうですよ。
ぜひとも見てみたいものです。
「銀沙灘」の奥に見えているのが「本堂」です。

そして前回解体修理中で見れなかった「銀閣」です。
銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺
国宝「慈照寺銀閣」

国宝「慈照寺銀閣」(じしょうじぎんかく)
長享3(1489)
東面及び西面8.2m、北面7.0m、南面5.9m、二重、宝形造、こけら葺
銀閣は、足利義政の山荘東山殿に造営された観音殿のことで、義政の祖父・3代将軍義満が建てた金閣と対比されて用いられる通称です。金閣および、飛雲閣(西本願寺境内)とあわせて京の三閣と呼ばれます。1489年(延徳元年)に上棟されたことがわかっており、同年をさほど隔てない頃に完成したと思われます。

重層、宝形造、薯B葺で、平面は長方形で正面8.2メートル、奥行7.0メートル。初層の「心空殿」は住宅風、上層の「潮音閣」は方3間(柱間の数が正面・側面とも3つ)の禅宗様(唐様)の仏堂で観音が安置されています。書院造につながる和風の住宅風意匠が取り込まれており、東山文化の代表的建築物です。

金閣になぞらえて慈照寺観音殿が銀閣と呼ばれるようになったのは江戸時代以降のことです。1658年(万治元年)に刊行された「洛陽名所集」などの文献に「銀閣寺」の名前が見られます。

金閣と通称される鹿苑寺舎利殿には金箔が貼り付けられているのに対し、銀閣と通称される慈照寺観音殿には銀箔は使用されていません。「当初は名前のとおり銀箔を貼る予定だったが、幕府の財政事情のためにできなかった」という説や、「銀箔を貼る予定であったが、その前に義政が他界してしまった」という説、「外壁の漆が光の加減で銀色に輝いて見えたから」という説があります。また、「当初は銀で覆われていたが、剥がれ落ちてしまった」という説もありますが、2007年(平成19年)1月5日に行われた科学的調査によって創建当時から銀箔が貼られていなかったことが明らかになっています。ちなみに、義政の妻・日野富子は資金援助を一切しなかったという話があります。

2008年(平成20年)2月から2010年(平成22年)3月まで大規模な修復が行われ、薯B葺の屋根の葺き替えや柱や壁など傷んだ部材の交換、耐震補強、2階の潮音閣内部に黒漆を塗るなどの作業が行われました。なお、屋根は約30年ごとに葺き替えられているものの、大正初期以来の大掛かりな全体の修復となりました。

修復にさいし、京都府教育委員会は老朽化を防ぐために銀閣の外壁に黒漆を塗り創建当時の姿に戻すことを提案しましたが、所有者である慈照寺の意向により現在の外観を維持する方針で修理が行われることになりました。また、工事と同時に調査も実施され、1階の「心空殿」からは創建当時のものとみられる仏像を安置するための「仏間構え」の痕跡や、2階の外壁の軒下部分からは花などの模様をかたどった赤や青に彩色された跡が見つかりました。総事業費は約1億4,000万円。修復終了後の2010年4月12日、住職の有馬頼底らによって落慶法要が営まれました。

若い頃の僕なら間違いなく「金閣がいい」と言ったでしょう。

でもこの歳(46歳)になるとこちらのほうがいいと思えるんです。

「金閣」と比べると華やかさもなにも無いんですけど、それがわびさびなんでしょうか?

ようやく見れた「銀閣」をしばし堪能した僕でした。

ここ「慈照寺」の国宝は「銀閣」だけではありません。

もう一つの国宝建造物をご紹介します。

国宝「慈照寺東求堂」です。

銀閣寺
国宝「慈照寺東求堂」

国宝「慈照寺東求堂」(じしょうじとうぐどう)
文明17(1485)
桁行6.9m、梁間6.9m、一重、入母屋造、檜皮葺
「とうぐどう」と読みます。義政の持仏堂で、1486年(文明18年)の建立です。東求堂の名は横川景三の撰による。池に面して建てられ、大きさは3間半四方。正面左は方2間の仏間、右奥は義政の書斎(同仁斎とよばれる)です。書斎の北側に設けられた付書院と違棚は現存最古の座敷飾りの遺構であり、書院造や草庵茶室の源流として、日本建築史上貴重な遺構である。なお、創建当時は現在位置より南方の銀閣に近い位置に建てられていたと推定されています。関白・太政大臣を勤めた近衛前久が晩年隠棲した際、ここに寓した。薨去後の法名は東求院龍山空誉。

こちらもかなりのしぶさです。

庭園とマッチする姿がたまりません。

銀閣寺


改めてこのお寺のセンスの良さに感動しました。

「ここに住みたい」とさえ思います。

それはやはりお庭だと思います。

錦鏡池(きんきょうち)を中心とする池泉回遊式庭園。「苔寺」の通称で知られる西芳寺庭園(夢窓疎石作庭)を模して造られたとされますが、江戸時代に改修されており、創建当時の面影はかなり失われているといわれます。「銀沙灘」(ぎんしゃだん)、「向月台」と称される2つの砂盛りも、今のような形になったのは江戸時代後期とされています。なお、東方山麓の枯山水庭園は1931年(昭和6年)に発掘されたもので、室町時代の面影を残すとされています。

ここ「慈照寺」の庭園は僕が興味を持ち始めた特別名勝であり特別史跡にも指定されています。

世界遺産であり国宝はあり特別名勝でもある。

このブログにぴったりのお寺ですよね。

とにかく東山とお庭が一体になって素晴らしいハーモニーをかもしだしています。

美的センスのほとんど無い僕でもこのお庭の良さはわかるつもりです。

それでは僕のヘタクソな写真をご覧ください。

銀閣寺


銀閣寺


銀閣寺


銀閣寺


銀閣寺


銀閣寺
慈照寺全景


今回は本当に「慈照寺」(銀閣寺)を堪能できました。

やっぱりいいですよ。

「銀閣」も見れましたし、お庭も綺麗でした。

以前「建物は奈良でお庭は京都」と書いた覚えがあるんですが、まさにそのとおりだと思います。

「京都のお庭」に勝てるところなど世界中探しても見つかるんでしょうか?

そう思わせるほどに、いろんなお庭が見たくなってきてる僕でした。

一度「雪の銀閣寺」も見てみたいものです。

以上が「慈照寺」(銀閣寺)の探索記です。

このあともう一つ見ておきたかったお庭のある「鹿苑寺」(金閣寺)に向かう僕でした。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた!

「慈照寺」(銀閣寺)ホームページへ

拝観料 大人500円、小・中学生300円(特別拝観は別途(本堂、東求堂拝観は1000円、本堂、東求堂、弄清亭拝観は2000円))

駐車場 ありません

時間 8:30~17:00(12月1日~2月末は9:00~16:30)


大きな地図で見る




じゃらん.netで京都の宿をチェックする


この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その一

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その二

教王護国寺(東寺)の国宝 2011.2.12 その三

東福寺の国宝 2011.2.12

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。