スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

龍安寺(りょうあんじ)と地図 2011.4.23

まずは「龍安寺」の動画をご覧下さい。




2011.4.23に京都へ行きました。

前回は「仁和寺」の「御室桜」をご紹介しました。

「仁和寺」を後にした僕は歩いて「龍安寺」に向かいました。

「仁和寺」と「龍安寺」は歩いても10分ぐらいの距離にあります。

ですので「仁和寺」に行くときは絶対「龍安寺」にも寄ります。

「龍安寺」を記事にするのは今回で3回目になります。

ここ「龍安寺」には僕の大好きな国宝はありません。

しかし世界遺産であり、「方丈庭園」は特別名勝です。

はっきり言って僕がおすすめできるのは「方丈庭園」ぐらいだと思っていました。

しかし今回あらたにいいところを発見しました。

龍安寺
「山門」


ここ「龍安寺」は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつです。
世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社、高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)龍安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。



先ほども書きましたが、「龍安寺」には僕の大好きな国宝はありません。

しかし国宝にも匹敵する特別名勝の「方丈庭園」いわゆる「龍安寺の石庭」があります。

僕が思うにこの「石庭」だけで世界遺産に選ばれたんだろうと思います。

本当に値打ちのある庭なんですね。

はっきり言って何回見てもよくわからない庭なんですが、それゆえに何回も訪れてしまうのかもしれないなと思う僕でした。

雨がきつくなってきたので急いで「方丈」へ向かいました。

龍安寺
「庫裡」(くり)




龍安寺について
ウィキペディアより
龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派のお寺です。石庭で知られます。山号を大雲山。本尊は釈迦如来、開基は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承です。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

歴史
「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は、禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺です。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものです。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えました。龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされていますが、義天自身は2世に退き、自分の師の日峰宗舜を開山に立てています。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路のあたりまでが境内であったといいます。

龍安寺は、開基細川勝元自身が一方の当事者であった応仁の乱(1467-1477年)で焼失。勝元の子の細川政元と、4世住持・特芳禅傑によって長享2年(1488年)に再興されました。寺では特芳を中興開山と称しています。その後、豊臣秀吉と江戸幕府が寺領を寄付して保護しています。

近世の地誌類によれば、最盛期の龍安寺には塔頭(たっちゅう、子院)が21か寺、軒を連ねていたといいます(現存するものは3か寺)。「都名所図会」のような絵入りの名所案内書(現代の旅行ガイドブックに相当)を見ると、当時、龍安寺の池はオシドリの名所として知られており、今日有名な石庭よりもむしろ、池を中心とした池泉回遊式庭園のほうが著名であったらしい。

寛政9年(1797年)の火災で仏殿など主要伽藍を焼失したため、塔頭の1つである西源院の方丈を移築して龍安寺の方丈(本堂)としました。



龍安寺

龍安寺
特別名勝「龍安寺方丈庭園」

特別名勝「龍安寺方丈庭園」(りょうあんじほうじょうていえん)
いわゆる「龍安寺の石庭」です。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭です。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭です。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものをつくる。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えるが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでない。室町時代末期の作で特芳禅傑らの優れた禅僧によって作られたものとも伝えられます。

15個の石は、庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているといいます。しかし、中の部屋から1ヶ所だけ15個の石すべてが見える位置がある。ハルト・バン・トンダとマイケル・ライオンズによれば、それは方丈の間の中心であり、15の石の配置は、ここを根元とする「二分岐構造」になっているといいます。ただし、この程度の面積の庭に15個の石を並べれば、そのうちの一つは隠れて見えなくなるのはむしろ当然のことだとする意見もあり、これを表現意図とする考え方には賛否両論がある。なお、東洋では十五夜(満月)にあたる15という数字を「完全」を表すものとしてとらえる思想があり、15に一つ足りない14は「不完全さ」を表すとされています。また、日本には、日光東照宮の陽明門にみられるように、「物事は完成した時点から崩壊が始まる」という思想があり、建造物をわざと不完全なままにしておくことがあります。

この庭には近世以来「虎の子渡しの庭」の別称がある。この庭を「虎の子渡し」という中国の説話と結び付けるのは伝承にすぎないが、参考までに説話の概略を以下に示します。

虎は、3匹の子どもがいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、そのどう猛な子虎が他の子虎を食ってしまうといいます。そこで、母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにします。母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。次に、残った2匹のうち1 匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻ります。その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡ります。この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡ります。つまり、3匹の子虎を渡すのに3往復半するわけです。龍安寺の石庭はこの様子を表わしたものだというわけです。

イギリスのエリザベス女王が1975年に日本を公式訪問した際、石庭の見学を希望。女王が石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道されました。そのため昨今では世界各地での日本のZEN(禅)ブームと相俟って日本人より海外の観光客の来訪者の比率が高いといわれています。


今回はどっしりと座ってこの庭とにらみ合ってみましたけど、答えはやはりでませんでした。

僕にはどうしても適当に石を置いたようにしかみえないんですけど。

本当はそれが答えなのかもしれませんよ。

とにかく庭を作庭した人に聞いてみたいもんです。

今回も答えはでませんでしたので、また次も僕はここへ来ると思います。

方丈の襖絵も今回はゆっくり見ました。

龍安寺


龍安寺


龍安寺


龍安寺
知足の蹲踞(つくばい)


石庭の裏側にある知足の蹲踞(つくばい)です。
茶室蔵六庵の露地にあります。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のことです。ここの蹲踞には「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれていますが、その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれます。また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、そのため一見「五・隹・疋・矢」と読めます。徳川光圀の寄進と伝承されていますが、一般拝観者が見ることのできるものは複製です。

説明を聞くと「さすがやな」と思います。

龍安寺
「勅使門」


龍安寺



というわけで今回もこれで終わりかなというところですが、今回はさらにおくにある「納骨堂」と「パコダ」さらに「桜苑」にも行ってみました。

龍安寺
「パコダ」

大東亜戦争の時のビルマの慰霊のための塔のようです。

龍安寺
「納骨堂」


「納骨堂」のさらに奥にとても綺麗な「桜苑」というところがありました。

今まで全然知りませんでした。

でも相当きれいな桜の園でした。

龍安寺


龍安寺


「桜苑」一帯だけではなく「龍安寺」の境内全体に桜が咲いておりかなり素晴らしいと思いました。

天気さえよければかなりのものだと思います。

先ほど行った「仁和寺」に比べて国宝も無いことから僕的にはテンションが上がりづらい「龍安寺」なんですが、この桜は結構テンションを上げてくれました。

龍安寺


最後に「鏡容池」(きょうようち)とよばれる池泉回遊式庭園をまわりました。

龍安寺


龍安寺


龍安寺
池の中の島にある「弁天」


龍安寺
水分石


「石庭」プラス「桜」で出来れば来年も来てみたいと思う「龍安寺」でした。

やっぱり桜は日本人のテンションを上げますね。

このあと「金閣寺」と「銀閣寺」を塔頭に持つ「相国寺」にも行ってみました。

こちらも広大なお寺ですごかったです。

特に法堂の天井の「泣き龍」と呼ばれる天井絵には感動しました。

とにかく京都は奥が深いところです。

このブログの趣旨は国宝と世界遺産ですが、他にもいろいろ行ってみたいです。

例えば「京都五山」を制覇するとか、「妙心寺」や「大覚寺」などの巨大寺院にもいってみたいです。

しかしとりあえずは国宝です。

次回のターゲットは京都の「神護寺」の国宝「五大虚空蔵菩薩」の開帳です。

5月14日に行きたいと思っています。

晴れることを期待します。

それではまた!

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

龍安寺公式ホームページへ

拝観料 大人500円、小・中学生300円

駐車場 駐車場あり(無料)拝観者に限り1時間無料

時間 8:00~17:00(12~2月は8:30~16:30)


大きな地図で見る


★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

仁和寺探索記その一 その二 龍安寺

2009.10.24の龍安寺探索記

2010.11.23の龍安寺探索記





じゃらん.netで京都の宿をチェックする


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラダ トート
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 龍安寺(りょうあんじ)と地図 2011.4.23
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。