スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都奈良の文化財その五 薬師寺(やくしじ)の国宝と地図

まずは「薬師寺」の様子を動画でご覧下さい。




2008.2.24 世界遺産 古都奈良の文化財探索はまだまだ続きます。

近鉄 西ノ京駅


「元興寺」を後にした僕は、とりあえずお腹が減ったので近鉄奈良駅近くの「ザ丼」で海鮮三味セットを食べて鋭気を養いました。

体力も回復したところで再び近鉄奈良駅へ、、、。
そこから「西大寺」へさらに乗り換えて「西ノ京駅」に到着。

次の目的地は「薬師寺」です。
「薬師寺」は西ノ京駅から本当にすぐの所にあります。

薬師寺


世界遺産「古都奈良の文化財」とは

世界遺産登録理由
奈良市内に点在する寺社等の総称で、東大寺興福寺春日大社元興寺薬師寺唐招提寺平城宮跡春日山原始林からなる。日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有し、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり、後世の発展に重要な影響を与えることになったことなどをはじめ、世界的に見ても高い文化的価値を有するとして、1998年に世界文化遺産に登録されました。

薬師寺



着いていきなり、本日は金堂の工事により拝観できませんという看板がありました。
がっくりきました。しかし薬師寺には他にも見所がいっぱいあります。
気を取り直して境内へと足を踏み入れたのでした。

薬師寺 大講堂
大講堂

大講堂
2003年の再建。
正面41m、奥行20m、高さ17mあり、伽藍最大の建造物です。本尊の銅造三尊像(重文)は、中尊の像高約267センチの大作ですが、制作時期、本来どこにあった像であるかなどについて謎の多い像だそうです。かつては金堂本尊と同様、「薬師三尊」とされていましたが、大講堂の再建後、寺では「弥勒三尊」と称しているそうです。

薬師寺 金堂

金堂

金堂
1976年の再建。
奈良時代仏教彫刻の最高傑作の1つとされる本尊薬師三尊像を安置しています。

薬師寺 西塔

西塔

西塔
1981年の再建。
東塔と対称的な位置に建っています。旧塔は享禄元年(1528年)に戦災で焼失し、現在ある塔は1981年に伝統様式・技法で再建されたものだそうです。デザインは東塔と似ていますが、東塔が裳階部分を白壁とするのに対し、西塔は同じ箇所に連子窓を設けるなどの違いもあるそうです。東塔も元々は連子窓であったが修復で白壁にされたそうです。




じゃらんnetで奈良の宿をチェックする



薬師寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
薬師寺は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院で興福寺とともに法相宗の大本山です。
南都七大寺のひとつに数えられ本尊は薬師如来。
薬師寺は7世紀末、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿(きどの)町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものです。
『日本書紀』天武天皇9年(680年)11月12日条には、天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良(うののさらら)皇后の病気平癒を祈願して薬師寺の建立を発願し、百僧を得度(出家)させたとある。薬師寺東塔の屋上にある相輪支柱に刻まれた「東塔藷b銘」(とうとうさつめい、「さつ」は木扁に「察」)にも同趣旨の記述があります。しかし、天武天皇は寺の完成を見ずに朱鳥元年(686年)没し、伽藍整備は持統天皇、文武天皇の代に引き継がれました。
「東塔藷b銘」には、「清原宮に天の下を統治した天皇(天武)の即位八年、庚辰の歳、中宮(後の持統天皇)の病気のため、この伽藍を創り始めたが、完成しないうちに崩御したので、その意志を継いで、太上天皇(持統)が完成したものである」という意味のことが記されています。ここでいう「天皇即位八年、庚辰之歳」は、「書紀」の「天武天皇9年」と同じ年を指しています。すなわち、「書紀」は天智天皇の没した翌年(壬申年、西暦672年にあたる)を天武天皇元年としますが、天武が正式に即位したのはその翌年(西暦673年にあたる)であり、「天皇即位八年」とは即位の年から数えて8年目という意味です。
持統天皇2年(688年)、薬師寺にて無遮大会(むしゃだいえ)という行事が行われたことが「書紀」に見え、この頃までにはある程度伽藍が整っていたものと思われます。「続日本紀」によれば、文武天皇2年(698年)には寺の造営がほぼ完成し、僧を住まわせています。この創建薬師寺は、藤原京の右京八条三坊の地にありました。大和三山の畝傍山と香久山の中間にあたる橿原市城殿町に寺跡が残り、「本薬師寺(もとやくしじ)跡」として特別史跡に指定されています。
その後、和銅3年(710年)の平城京への遷都に際して、薬師寺は飛鳥から平城京の六条大路に面した右京六条二坊(現在地)に移転しました。移転の時期は長和4年(1015年)成立の「薬師寺縁起」が伝えるところによれば養老2年(718年)のことであった。ただし、平城薬師寺境内からは霊亀2年(716年)の記載のある木簡が出土していることから、造営は養老2年よりも若干早くから始まっていたとみられます。「扶桑略記」天平2年(730年)3月29日条に、「始薬師寺東塔立」とあり、東塔(三重塔)が完成したのがその年のことで、その頃まで造営が続いていたものと思われます。
なお、平城京への移転後も、飛鳥の薬師寺(本薬師寺)はしばらく存続していました。史料や発掘調査の結果からは平安時代中期、10世紀ころまでは存続していたようですが、後に廃寺となりました。本薬師寺跡には金堂・東塔の礎石、西塔の心礎が残っている。本薬師寺の伽藍配置は「薬師寺式伽藍配置」と称されるもので、中央に金堂、その手前に中門、背後に講堂を配し、金堂の手前東西に塔を置きます。そして、中門左右から出た回廊が講堂の左右に達し、金堂、東西両塔は回廊で囲まれている。この伽藍配置は平城薬師寺においても踏襲されている。本薬師寺、平城薬師寺双方の発掘調査により、両伽藍の建物の規模、位置関係などはほぼ等しく、本薬師寺の伽藍を平城薬師寺に再現しようとしたものであることがわかります。ただし、平城薬師寺では中門の規模が拡大され、回廊も幅が広げられています。
平城京の薬師寺は天禄4年(973年)の火災と享禄元年(1528年)の筒井順興の兵火で多くの建物を失った。現在、奈良時代の建物は東塔を残すのみである。天禄4年の火災では金堂、東塔、西塔は焼け残ったが、講堂、僧坊、南大門などが焼けた。発掘調査の結果、西僧坊の跡地からは僧たちが使用していたとみられる奈良時代や唐時代の陶磁器が多数出土しており、天禄4年の火災の際に棚から落ちて土中に埋もれたものとみられます。


ここで僕の大好きな国宝をご紹介します。
建造物
*東塔
*東院堂
彫刻
*薬師三尊像
*聖観音立像
*僧形八幡神・神功皇后・仲津姫命坐像
その他
*麻布著色吉祥天像
*絹本著色慈恩大師像
*仏足石
*仏足跡歌碑
以上



薬師寺の伽藍は独特のスタイルから「薬師寺式伽藍」と呼ばれています。
中央に金堂を配し、金堂の手前東西に塔を、金堂の背後に講堂を、またそれらを取り囲むように回廊を配しています。

玄奘三蔵院伽藍と白鳳伽藍に分けられています。
まずは白鳳伽藍へ行ってみました。

薬師寺 東塔
国宝「薬師寺東塔」

国宝「薬師寺東塔」
天平2(730)年
三間三重塔婆、毎重もこし付、本瓦葺
まず一番目を引くのは国宝「東塔」でしょうか。
現在寺に残る建築のうち、奈良時代(天平年間)にさかのぼる唯一のものだそうです。総高34.1メートル(相輪含む)。日本に現存する江戸時代以前に作られた仏塔としては、東寺五重塔、興福寺五重塔、醍醐寺五重塔に次ぎ、4番目の高さを誇るそうです。
薬師寺東塔は一見六重に見えますが、実は三重の塔だそうです。
これは各層に裳階[もこし]と言われる小さい屋根があるためで、この大小の屋根の重なりが律動的な美しさをかもし出し「凍れる音楽」という愛称で親しまれているそうです。

薬師寺 東院堂
国宝「薬師寺東院堂」

国宝「薬師寺東院堂」
弘安8(1285)年
桁行七間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦葺
さらには上の写真の国宝「東院堂」でしょうか。
境内東側、回廊の外に建っています。桁行七間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦葺。元明天皇のために皇女の吉備内親王が養老年間(717-724年)に建立した東禅院が前身で、現在の建物は鎌倉時代・弘安8年(1285年)の建築です。堂内の厨子に本尊・聖観音立像を安置しています。
東院堂には国宝「聖観世音菩薩像」が静かに立っておられました。それはそれはお美しいお姿です。

感想は、他のお寺とは違ってきらびやかな雰囲気が漂っているという感じでしょうか。
朱色がとにかく鮮やかで伽藍全体が浮き立ったような感じです。
金堂は工事中で拝観できませんでしたが、十分満足した僕でした。

続いて玄奘三蔵院伽藍へと向かいました。
道を隔てた所に玄奘三蔵伽藍はあります。
しかし拝観はできませんでした。

薬師寺 玄奘三蔵塔

玄奘塔


上の写真の玄奘塔だけが柵の外からなんとか見えるだけでした。
春と秋の2回公開されるそうです。1/1~1/5 3/20~6/15 9/16~11/25
今度はこの時期に行ってみようと思います。

追記
2009.8.3 また薬師寺にきました。
今回金堂内の薬師三尊像もみてきましたので写真掲載しておきます。
薬師寺 月光菩薩
国宝 月光菩薩
薬師寺 薬師如来
国宝 薬師如来
薬師寺 日光菩薩
国宝 日光菩薩

金堂に安置する、薬師寺の本尊。国宝。奈良時代(7 - 8世紀)の作。国宝指定名称は「銅造薬師如来及び両脇侍像 3躯」。中尊は薬師如来、左脇侍(向かって右)に日光菩薩(にっこうぼさつ)、右脇侍に月光菩薩(がっこうぼさつ)を配している。像高は薬師如来254.7センチメートル、日光菩薩317.3センチメートル、月光菩薩315.3センチメートル。日本の仏像彫刻が、中国・六朝や唐の影響を受けつつ、独自の古典様式を完成した奈良時代の作品のなかでも最高傑作の1つとして古来名高いものであるそうです。

素晴らしい薬師三尊でした。

特に両脇侍の日光、月光菩薩のプロポーションがたまりません。

さすがは最高傑作と呼ばれる仏像だなとただただ観心した僕でした。

「薬師寺」公式ホームページへ

拝観料
玄奘三蔵院伽藍公開時
大人800円 中学生・高校生700円 小学生300円
玄奘三蔵院伽藍閉鎖時
大人500円 中学生・高校生400円 小学生200円

駐車場 あります 500円


大きな地図で見る


2008.2.24 奈良県の国宝建造物と彫刻探索の旅
興福寺 東大寺(1) 東大寺(2) 春日大社 元興寺 薬師寺 唐招提寺 


★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラダ トート
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 世界遺産 古都奈良の文化財その五 薬師寺(やくしじ)の国宝と地図
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。