スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都京都の文化財その三 醍醐寺(だいごじ)の国宝と地図

まずは「醍醐寺」の動画をご覧ください。




引き続き 2008.3.22 京都府の国宝建造物と彫刻探索および世界遺産 「古都京都の文化財」の旅をご紹介していきたいと思います。

「宇治上神社」を後にした僕は、宇治市から京都市伏見区へと足をのばしました。

次にご紹介するのは豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名な「醍醐寺」です。
この日3ヶ所目の世界遺産 「古都京都の文化財」のひとつです。

「醍醐寺」へ行く前に「法界寺」にも行ったのですが、次の機会に紹介したいと思っています。

さて車で醍醐寺に到着したのですがここも駐車場が700円と破格の値段。さすが京都。
なんの知識も無くここにきてびっくりしたのは、’なんてでかいお寺なんだ!’ということです。
敷地面積200万坪あるそうです。東京ドーム何個分でしょうか?

世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)竜安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。

醍醐寺
パンフレットより


はっきりいって建物の数も半端じゃありません。紹介するのは大変です。
スライドショーの写真でごらんください。
しかも後で紹介しますが、「平等院」での鳳凰堂参拝断念に続いてここでも痛恨のミスを犯してしまいました。



醍醐寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある真言宗醍醐派総本山のお寺です。
本尊は薬師如来、開基は理源大師聖宝(しょうぼう)です。
真言宗の宗祖、弘法大師の孫弟子にあたる理源大師聖宝は貞観16(874)年、醍醐山上に草庵を結び、准てい、如意輪の両観音像を彫刻し、堂宇に安置した。これが醍醐寺の始まりだそうです。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られています。
「醍醐の花見」とは慶長3年3月15日(1598年4月20日)に豊臣秀吉が京都の醍醐寺において、豊臣秀頼、北政所、淀殿ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の者など約1300名を従えて盛大に催した花見の宴のことです。
醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音(じゅんていかんのん)並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けました。
醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯を中心に、多くの修験者の霊場として発展した後(この場所を「上醍醐」と呼称する)、醍醐天皇は醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を掛け、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになります。
その後応仁の乱など相次ぐ戦争で下醍醐は荒廃し、五重塔しか残らないありさまであった。しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに紀州などからの寺院建築の移築や三宝院の建設などにより今日見るような姿となっています。


ここで僕の大好きな国宝のご紹介
建造物
*金堂
*五重塔
*清滝宮拝殿(上醍醐)
*薬師堂(上醍醐)
*三宝院唐門 - 1599年建立
*三宝院表書院

彫刻
*薬師如来及両脇侍像(旧上醍醐薬師堂安置)

その他
*大日経開題 弘法大師筆
*後宇多天皇宸翰当流紹隆教誡(三通)
*後醍醐天皇宸翰天長印信(蝋牋)
*狸毛筆奉献表 伝弘法大師筆 
*理源大師筆処分状
以上


どうですか?ひさびさに大量の国宝です。

ここで醍醐寺のおもな観光スポットを簡単に説明すると。
まず総門をくぐり左手にある「三宝院」右手にある「霊宝館」まっすぐ上がって「西大門」より上の「下醍醐」下醍醐の上に「上醍醐」とだいたい4つのスポットがあります。

こんなことを書いてますが、実はさっき書いたように痛恨のミスは、「上醍醐」に行くのを忘れたことでした。はっきりいってでかすぎる醍醐寺です。しかもハードスケジュールで回っているので疲れもピークに達していたのです。

この「上醍醐」には僕の旅の目的である国宝探索の建造物2件があるにもかかわらず、いくのを忘れたのです。悔やんでも悔やみきれません。

いったいなんのためにここへ来たのかわかりません。完全なボケです。

気がついたのは家に帰って、資料を整理した時でした。泣きそうになりました。

しかしプラス思考の僕です。また行けばいいじゃないですか。

まだまだ何回も京都には来なければならないのですからね。

とにかく今日みた国宝の写真だけでも紹介しておきます。

まずは「三宝院」です。
三宝院(さんぼういん)とは、京都市伏見区醍醐にある醍醐寺の院家。真言宗醍醐派に属し、修験道当山派本山。
醍醐寺三宝院唐門
国宝 「三宝院唐門」

国宝「三宝院唐門」(さんぼういんからもん)
桃山時代(1599)年
三間一戸平唐門、檜皮葺

三宝院 

国宝「三宝院表書院」(さんぼういんおもてしょいん)
慶長3(1598)
上段十五畳(床及び棚付)、十八畳、次の間二十七畳、四面入側、泉殿、車寄より成る、一重、入母屋造、泉殿切妻造、桟瓦葺、西面車寄唐破風造、檜皮葺
同じく三宝院にある「三宝院表書院」ですが写真撮影はできませんでした。上の写真は三宝院殿堂です。
三宝院の「三宝院表書院」の庭園は素晴らしいですよ!一見の価値ありです。

そして「下醍醐」へと向かいました。
西大門をくぐり伽藍へと入るとまず国宝「金堂」が目に入ってきます
醍醐寺金堂
国宝「醍醐寺金堂」

国宝「醍醐寺金堂」(だいごじこんどう)
豊臣秀吉の発願により紀州から移築したもので、慶長3年(1598年)から移築を開始し、秀吉没後の慶長5年(1600年)に落慶しています。「紀伊名所図会」等によると、当初は紀州湯浅(和歌山県湯浅町)の満願寺(12世紀後半に建立された後白河法皇の御願寺)本堂であったといいます。部材には平安時代のものが残りますが、堂が湯浅にあった鎌倉時代に改修を受けており、移築時の桃山時代の手法も混在します。立ちの高い入母屋屋根は近世風で、移築時の改修だそうです。内部には本尊薬師三尊像(重要文化財)を安置しています。堂内は内陣と外陣(礼堂)の境に結界や間仕切りがなく、一体の空間とする点に特色があるそうです。
大きい建物で圧倒されます。
和歌山からもってきたんですか?大変だったでしょうね。

金堂の向かいに建っている国宝「五重塔」です。
醍醐寺五重塔
国宝「醍醐寺五重塔」

国宝「醍醐寺五重塔」(だいごじごじゅうのとう)
天暦6(952)
三間五重塔婆、本瓦葺
天暦5年(951年)に醍醐天皇の冥福を祈るために朱雀天皇が建立したもので、醍醐寺のなかでも唯一の創建当時からの建物だそうです。
総高38メートル。うち相輪部が12.8メートルで、全体の3割以上を占める。屋根の逓減率が大きく、塔身の立ちが低いため、後世の塔のような細長いプロポーションにはならないそうです。創建以来たびたび修理を経ているが、中でも天正13年(1585年)の地震では一部の軒が垂れ下がるなどの甚大な被害を受け、豊臣秀吉の援助で慶長3年(1597年)に修理が完成しています。昭和25年(1950年)の台風でも被害を受け、同35年(1960年)に修理が完成しました。京都に残る数少ない平安時代建築として貴重であるとともに、初重内部の両界曼荼羅と真言八祖を表した壁画も平安絵画の遺品として重要であり、塔本体とは別に「絵画」として国宝に指定されているそうです。

塔フェチの僕にはたまらない一品です。さすがは千年クラス。素晴らしい五重塔です。
他の国宝五重塔にも決して引けをとらない素晴らしさだと思います。

その他にも「下醍醐」には
清瀧宮本殿、弁天堂、大講堂、女人堂等たくさんの建物がありました。
「三宝院」と「下醍醐」だけでも十分満喫はできるんです。

しかし結局「下醍醐」しか行かなかったバカな僕でした。
ちゃんともっと下調べしてから行けっちゅうねんと自分で自分を責める僕でした。

行きそびれた上醍醐の国宝
「清滝宮拝殿」「薬師堂」の2件はいつか必ず行きます。

とにかく「醍醐寺」に行くときは体調万全で行きましょう!なんせ広いですから。

「霊宝館」にもたくさんのお宝が展示されていました。
なんといっても国宝「薬師如来及両脇侍像」(やくしにょらいおよびりょうわきじぞう)でしょう。
しかも僕が行ったときはたまたまお坊さん方が、20人以上集まって「般若心経」を唱えていらっしゃいました。それはそれはロックコンサートなみの迫力で圧倒されました。

来年の春桜の季節に「醍醐の花見」気分で家族と一緒に行きたいと思います。

ここ醍醐寺も世界遺産に選ばれて当然のお寺だと思う僕でした。

言葉足らずでまともに醍醐寺の良さが伝わらなかったと思いますが、本当に素晴らしいお寺ですよ。

以上が「醍醐寺」の探索日記です。

次回は醍醐寺の前に訪れた「法界寺」をご紹介します。

それではまた。反省。

「醍醐寺」公式ホームページへ

拝観料 三宝院 大人600円、中・高校生300円、小学生以下無料
(春・秋の特別拝観期間、三宝院・伽藍・霊宝館共通券1000円(2ヶ所)、1500円(3ヶ所))

駐車場 あります 700円

時間 境内自由(三宝院は9:00~16:30、12月第1日曜の翌日~2月は~15:30)


大きな地図で見る






じゃらん.netで京都の宿をチェックする


2008.3.22 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅  
浄瑠璃寺 海住山寺 蟹満寺 観音寺 平等院1 平等院2 宇治上神社 醍醐寺 法界寺

2010.3.27の「醍醐寺」探索記へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラダ トート
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 世界遺産 古都京都の文化財その三 醍醐寺(だいごじ)の国宝と地図
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。