スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

番外編 西国三十三箇所巡礼 第十番札所  明星山 三室戸寺(みむろとじ)の御朱印と地図

まずは三室戸寺の様子を動画でご覧ください。

動画を見るには画面真ん中をクリックしてください。


2012.4.7 京都探索の旅は続きます。

「元慶寺」を後にした僕は再び「カーナビ君」の言うがままに車を走らせ次の目的地「西国三十三箇所」第十番札所「三室戸寺」を目指しました。

途中お腹もすいたので「吉野家」に入りました。

ラッキーにも「牛丼並み盛り270円」でした。

そして道中にもあちらこちらに素晴らしい桜が咲いていました。

そんなこんなでこの日3箇所目の「三室戸寺」の駐車場に到着しました。

三室戸寺


三室戸寺
「山門」


ここでウィキペディアの説明文を引用して三室戸寺について



三室戸寺(みむろとじ)は、京都府宇治市にある寺院。山号は明星山。本尊は千手観音。西国三十三箇所第10番札所。本山修験宗の別格本山。

歴史

創建伝承

寺伝によれば、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものという。創建と本尊に関しては次のような伝承がある。天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、右少弁(右少史とも)藤原犬養なる者に命じて、その光の元を尋ねさせた。犬養がその光を求めて宇治川の支流志津川の上流へたどり着くと、滝壺に身の丈二丈ばかりの千手観音像を見た。犬養が滝壺へ飛び込むと1枚の蓮弁(ハスの花びら)が流れてきて、それが一尺二寸の二臂の観音像に変じたという。光仁天皇がその観音像を安置し、行表を開山として創建したのが当寺の起こりで、当初は御室戸寺と称したという。その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。

平安時代以後

以上のように、当寺の創建伝承については伝説的色彩が濃く、創建の正確な事情についてははっきりしない。園城寺(三井寺)の僧の伝記を集成した『寺門高僧記』所収の僧・行尊の三十三所巡礼記は、西国三十三所巡礼に関する最古の史料であるが、これによると、11世紀末頃に行尊が三十三所を巡礼した時は、三室戸寺は三十三番目、つまり最後の巡礼地であった[3]。寺は康和年間(1099 - 1103年)、三井寺の僧隆明によって中興されたという。

その後寛正年間(1460 - 1466年)の火災で伽藍を失い、再興されたものの、天正元年(1573年)には織田信長と争った足利義昭に加勢したため焼き討ちされる。

現存する本堂は江戸時代後期の文化11年(1814年)に再建された。

本尊

本尊は千手観音像であるが、厳重な秘仏で、写真も公表されていない。本尊厨子の前に立つ「お前立ち」像は飛鳥様式の二臂の観音像で、二臂でありながら「千手観音」と称されている。この本尊像に関わる伝承は「歴史」の項で述べたとおりで、高さ二丈の観音像は寛正年間(1460 - 1466年)の火災で失われたが、胎内に納められていた一尺二寸の二臂の観音像は無事であったという。

秘仏本尊を模して造られた前述の「お前立ち」像は、大ぶりの宝冠を戴き、両手は胸前で組む。天衣の表現は図式的で、体側に左右対称に鰭状に広がっている。こうした像容は奈良・法隆寺夢殿の救世観音像など、飛鳥時代の仏像にみられるものである。厨子内の秘仏本尊像自体については、指定文化財でないため、年代等の詳細は不明である。

2008年が西国巡礼の中興者とされる花山法皇の一千年忌にあたることから、2008年から2010年にかけて、西国三十三所の全札所寺院にて札所本尊の「結縁開帳」が行われることとなった。三室戸寺本尊の千手観音像は2009年10月1日 - 11月30日に開扉されたが、これは前回開扉(1925年)以来84年ぶりの公開である。



ここで三室戸寺の御朱印です。

三室戸寺


そして御詠歌です。

「夜もすがら  月を三室戸  わけゆけば  宇治の川瀬に  立つは白波」

そして御本尊は

「千手観世音菩薩」

です。



朱塗りの「山門」をくぐりしばらく行くと階段があります。

三室戸寺


この階段を登ると伽藍が広がります。

三室戸寺


まずはこの七福神的な石像があります。

なにやらいろんなところをさすると御利益があるそうです。

三室戸寺


ここ「三室戸寺」の境内は見渡せば伽藍全てが見られる程の広さです。

建物もそれほどにはありません。

三室戸寺
パンフレットより


その中でもやはり目立つのは「本堂」でしょう。

三室戸寺
「三室戸寺本堂」


三室戸寺


ここに御本尊の秘仏「千手観世音菩薩」は安置されています。

今までに参拝した「西国三十三箇所」の観音霊場のご本尊はほとんどが「秘仏」で、この目で見たほうが少ないという感じですね。

一度この目で見てみたいものです。

「本堂」の横には「阿弥陀堂」があります。

三室戸寺
「阿弥陀堂」


そして「鐘楼」があり一番奥には「三重塔」があります。

三室戸寺
「鐘楼」
三室戸寺
「三重塔」


「鐘楼」の横には「源氏物語」の「浮舟」に関する石碑がありました。

まったく「源氏物語」に縁のない僕にはさっぱりわからないんですけど...。

三室戸寺


あとは「本堂」の裏側の小だかいところにある「十八神社」があるぐらいです。

三室戸寺
「十八神社」


ここ「三室戸寺」も国宝好きの僕には文化財的には少し物足りないところではありました。

しかし帰り道綺麗なお庭がありました。

三室戸寺

三室戸寺

三室戸寺

三室戸寺

三室戸寺


四季折々のお花が楽しめるそうですよ。

ぜひ。

「三室戸寺」を後にした僕は最後に「平等院」にも立ち寄りました。

が今までにも「平等院」は取り上げていますし、これといって特筆すべきこともありませんので今回は記事にはしません。

しかしこの前買ったデジカメで撮った国宝「平等院鳳凰堂」だけは以前の記事に追記しておきます。

平等院の記事へ

やっぱり広角レンズはいいですね。

今までは撮れなかった物も撮れます。

という訳でこの日の探索記は以上です。

少しずつですが「西国三十三箇所」もクリアしていってます。

次回はゴールデンウィークの京都を予定しています。

それではまた!

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
どれでもいいのでバナーにクリックしていただければ光栄です。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

ランキング


神社・お寺巡り ブログランキングへ

三室戸寺 京都府宇治市菟道滋賀谷21 TEL 0774-21-2067

アクセス:京阪 三室戸駅下車、東へ徒歩15分 JR・京阪宇治駅下車、京阪宇治バス明星町経由JR黄檗駅行きで「三室戸寺」下車すぐ

拝観時間 8時30分〜16時30分 ( 4月1日〜10月31日)
     8時30分〜16時00分 (11月1日〜 3月31日)

拝観料 大人500円 / 小人300円 (団体割引30名以上 大人400円)

駐車場 あります 500円










西国三十三箇所巡礼の旅 目次へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロエバッグ
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 番外編 西国三十三箇所巡礼 第十番札所  明星山 三室戸寺(みむろとじ)の御朱印と地図
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。