スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)の国宝と地図

まずは六波羅蜜寺の様子を動画でご覧下さい。



2012.11.19 京都に行ってきました。

前回も書きましたように、今回の目的は紅葉ではなくまずは辰年に12年に一度開帳される「六波羅蜜寺」の国宝「木造十一面観音立像」を拝観すること、そしてもう一つは世界遺産「古都京都の文化財」17社寺のうち唯一拝観したことが無かった「西芳寺」(苔寺)を拝観することです。

かなり前からこの日のために予定を立てました。

そして有給休暇を利用して月曜日のこの日に京都へ。

いつものように自宅の東大阪から近鉄奈良線、近鉄京都線で京都駅へ。

そこからは京都市バスで。

6時半に出発して8時すぎに京都駅、そこからバスで五条坂、そこから徒歩で5分ぐらいで「六波羅蜜寺」に到着しました。

「六波羅蜜寺」へは3回目の訪問になりました。

1回目は何も知らず、2回目は「西国三十三箇所巡礼」でそしてついに今回ご本尊拝観です。

六波羅蜜寺


六波羅蜜寺


六波羅蜜寺


六波羅蜜寺
左は平清盛公の塚


とにかく12年に一度しか御開帳されない「秘仏」です。

今回2012年は平成24年11月3日(土)から12月5日(水)午後4時厳修 御閉扉 5時です。

僕のこのブログの趣旨、「近畿2府4県の国宝と世界遺産をすべてこの目で見る」の中でも難解な国宝の一つであるこの「六波羅蜜寺」の国宝「木造十一面観音立像」です。

絶対見逃せないので結構ドキドキ感いっぱいです。

境内は狭く「本堂」と「弁財天堂」、「宝物収蔵庫」のみが残るだけです。

早速ご本尊が安置されている「本堂」へ。

それではここで六波羅蜜寺についてウィキペディアの記事を掲載します。


六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創立者)は空也(くうや)。西国三十三箇所第17番札所。

歴史

踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。

空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。

名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。

伽藍

江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。

本堂は、外陣を板敷きとし、蔀戸で仕切られた内陣を一段低い四半敷き土間とする天台式建築で貞治2年(1363年)の再建である。




ここで僕の大好きな国宝のご紹介

彫刻

*木造十一面観音立像

以上




月曜日だということもあるんでしょうか、それとも朝8時すぎだからでしょうか、人もまばらでした。

しかも「六波羅蜜寺」は拝観料がいりません。

ありがたいことです。

「本堂」の中に入ると正面の厨子の中にご本尊は立っておられました。

あたりまえですが、前2回は厨子は閉まっていました。

待ちに待ったこのご対面です。

距離的には4~5メートルぐらい離れていたでしょうか。

しかし結構思ったより立派なご本尊でした。

国宝「木造十一面観音立像」について

平安時代。10世紀頃の作風を示し、伝承のとおり、951年に空也が創建した西光寺の本尊像であると思われる。本堂中央の厨子に安置され、12年に一度辰年にのみ開帳される秘仏である。像高258cmの巨像でありながら、頭・体の根幹部を一材から彫り出す一木造とする。表情は温和であり、平安前期彫刻から平安後期の和様彫刻に至る過渡期を代表する作例である。歴史的にも重要な作例として1999年、国宝に指定された。



とても優しいお顔をされていました。

なにかどっしりとして存在感がある仏像だと感じました。

人も少なかったのでゆっくり近くでお顔を見ることができてよかったです。

さすがに平安時代の作ですので胸から腰のあたりにかけてかなりいたんでいましたが、それでも綺麗でした。

この先また12年待たないと見ることができないと思うと少々なごりおしかったです。

人生であと何回お目にかかれるんでしょうか。

とにかくこれで近畿2府4県の国宝彫刻121件のうち112件を肉眼で拝観することができました。

あと9件になりました。

素晴らしいご本尊に手を合わせ「六波羅蜜寺」を後にしました。

もうひとつの目的「西芳寺」(苔寺)は予約制で午後1時からの拝観になっていますので、時間もあるしちょっとぶらぶらしてから「西芳寺」に行くことにしました。

「六波羅蜜寺」からほど近い国宝「風神雷神図」で有名な「建仁寺」によったあと「清水寺」にも行きました。

やっぱりこのあたりは京都でも一二を争う名所ですね。

何回来ても素晴らしい所です。

建仁寺
「建仁寺勅使門」
建仁寺
「建仁寺三門」
建仁寺
「建仁寺法堂」

建仁寺
「建仁寺方丈」現在工事中です

八坂の塔

石塀
「石塀小路」

石塀

清水寺

清水寺

清水寺
「清水寺本堂」
清水寺
「子安の塔」工事終わりかけていました。


再び市バスに乗り次の目的地「西芳寺」へと向かう僕でした。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた!

この度「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」はブログランキングに参加しました。
バナーにクリックしていただければ光栄です。
 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
ランキング
人気ブログランキングへ

「六波羅蜜寺」公式ホームページへ

拝観料 入山料 無料 宝物館 大人500円、中・高・大学生400円、小学生250円

駐車場 ありません

時間 8:00~16:40

京都府京都市東山区五条通大和大路上ル東入ル轆轤町(ろくろちょう)(「松原通り大和大路東入ル2丁目轆轤町」とも表記する)

アクセス;京都市営バス(80・急行100・202・206・207系統)・京阪バス(83・83A・85・85A・86・86A・87・87A・87B・88・88B・88C系統)「清水道」バス停より徒歩7分











★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。