スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

金剛輪寺(こんごうりんじ)の国宝と地図

2008.4.6 滋賀県の国宝建造物と彫刻探索の旅を引き続きご紹介していきたいと思います。



「西明寺」を後にした僕は次の目的地「金剛輪寺」へ向かいました。
「金剛輪寺」は「西明寺」「百済寺」とともに「湖東三山」の1つに数えられるお寺です。

金剛輪寺

早速探索開始です。

境内に入っていきなり目を引くのはいわゆる「お地蔵さん」です。
ここ「金剛輪寺」は山寺で、斜面に沿って境内があります。
長く果てしないほどの階段が待ち構えているのですが、その階段の脇をお地蔵さんが埋め尽くしています。これだけの数のお地蔵さんを見たのは生まれて初めてだと思います。
一体一体に番号が打ってあり、一番下のお地蔵さんが1000番でした。
本当に1000体あると思います。

金剛輪寺 階段


とにかくお地蔵さんが導く階段を僕は歩いて登っていきました。
かなり登ります。本当にかなり登ります。しつこいですが登ります。
多分距離にして、4~500メートルぐらいでしょうか?
「室生寺」の奥院への階段を登った時以上に疲れました。
しかもこの後の予定もあるので、とにかく早足で登ったせいか登りきった時には正直精魂尽き果てていました。
足腰の弱い方や、お年寄りにはちょっときついのではないかと思います。

金剛輪寺 二天門
「二天門」


1番の打たれたお地蔵さんの上に「二天門」が建っています。
そしてこの「二天門」をくぐると国宝とのご対面です。





金剛輪寺について
金剛輪寺(こんごうりんじ)は、滋賀県愛知郡(えちぐん)愛荘町にある天台宗のお寺です。
松尾寺とも呼ばれています。本尊は聖観音、開基は行基といわれているそうです。
「西明寺」「百済寺」(ひゃくさいじ)とともに湖東三山の1つに数えられています。

ここで僕の大好きな国宝のご紹介。
建造物
*本堂
以上

「二天門」をくぐるといきなり国宝が姿を現しました。

金剛輪寺 本堂
国宝「金剛輪寺本堂」

国宝「金剛輪寺本堂」(こんごうりんじほんどう)
室町前期
桁行七間、梁間七間、一重、入母屋造、檜皮葺
中世天台仏堂の代表作として国宝に指定されています。須弥壇の金具に弘安11年(1288年)の銘があり、堂自体もそのころの建築と思われるそうです。本尊を安置する厨子も本堂の「附」(つけたり)として国宝に指定されています。本尊の聖観音立像は、滋賀県内の多くの天台寺院の本尊と同様、秘仏です。この像は一見、未完成像かと思われるほど、体部の彫りが荒々しく、行基の作であるかどうかは別としても、専門仏師でない行者の制作である可能性もあるということです。

金剛輪寺 三重塔
「三重塔」


本堂の北側の斜面上に「三重塔」が建っています。

先ほど行った「西明寺」とは逆方向に「三重塔」はありますが、「二天門」「本堂」「三重塔」となにかよく似ているような感じに思えました。

ここまで来るのにかなりの体力消耗で、当分息が上がったままでした。
そんなところにお寺の方が「本堂の中を案内しましょうか」と声をかけてくださいました。
お言葉に甘えて本堂を案内していただきました。
本堂の中に安置されているたくさんの仏像の一つ一つを大変丁寧に説明してくださいました。
大変よくわかる説明をしてくださりありがとうございました。感謝。

ホームページによりますと、 「秘仏本尊聖観世音菩薩は、言い伝えによりますと行基菩薩が一刀三礼で彫り進められたところ木肌から一筋の生血が流れ落ちたため、観音様に魂が宿った証として、粗彫りのまま本尊としてお祀りされました。」とありました。
そのままの説明を受けました。

ここまで登ってきた甲斐がありました。
ひざが笑うほどの思いをしても見る価値もあったと思います。

金剛輪寺 庭園
「庭園」


再び長い階段を下りました。
写真の「庭園」も大変きれいでした。

この日は「百済寺」(ひゃくさいじ)には行きませんでしたが、「湖東三山」をまわってみるのはいかがでしょう?

大変有意義なひと時を過ごせた「金剛輪寺」でした。

ただしこの「金剛輪寺」にいらっしゃるときは、山登り感覚で行ったほうがいいと思いますよ。

次の目的地「善水寺」へ車を走らせる僕でした。

しかしこの続きは次回ということで。それではまた!

拝観料 拝観料(明寿院の庭園含む) 500円 茶室 1000円

駐車場 あります 無料

時間 8:30~17:00







じゃらんnetで滋賀の宿をチェックする


滋賀県の国宝建造物と彫刻探索の旅 2008.4.6 御上神社へ 大笹原神社へ 苗村神社へ 彦根城へ 西明寺へ 金剛輪寺へ 善水寺へ 常楽寺へ 長寿寺へ

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。