スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界遺産 古都京都の文化財その八 教王護国寺(きょうおうごこくじ)(東寺)の国宝と地図その一

まずは「東寺」の動画をご覧ください。




2009.8.14 京都の世界遺産と国宝探索の旅は最終回は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつ「教王護国寺(東寺)」です。
「西本願寺」をあとにした僕たちは、この暑さでとにかく疲れきっていました。
特に奥さんは完全に戦意喪失狂態でした。
しかし僕はどうしても東寺だけは行っておきたかったので、奥さんを京都駅に残しひとりバスで東寺へとむかいました。奥さんは京都駅でお土産を買ってもらっておいて...。
今日何回目か忘れましたけど、やっぱり市バスの一日乗車券500円はお得でした。
そうこうしているうちに東寺南門バス亭に到着。
いよいよ今日のメインともいえる「東寺」です。

教王護国寺(東寺)は世界遺産「古都京都の文化財」のひとつです。
世界遺産 「古都京都の文化財」について
世界遺産登録理由
京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する寺社等の総称。具体的には賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨神社)教王護国寺(東寺)清水寺延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺、西芳寺(苔寺)、天龍寺鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)竜安寺本願寺二条城の 17件。京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとり主要中心地であり、日本の文化的伝統の創出に決定的な役割を果たし、特に庭園は19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えたことなどが評価されたもの。

東寺南大門
「南大門」

南大門をくぐると東寺の境内です。
東寺







東寺について
ウィキペディア(Wikipedia)より
東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗総本山のお寺です。山号は八幡山。本尊は薬師如来です。東寺は弘法大師空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続しています。昭和9年(1934年)に国史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されました。
8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」(さいじ)という2つの寺院の建立が計画された。これら2つの寺院は、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であったそうです。
東寺は平安京遷都後まもない延暦15年(796年)、藤原伊勢人という人物が造寺長官(建設工事責任者)となって建立したということです。
それから20数年後の弘仁14年(823年)、真言宗の宗祖である弘法大師空海は、嵯峨天皇から東寺を賜った。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となったそうです。
ここで僕の大好きな国宝のご紹介
建造物
*金堂
*五重塔
*大師堂
*蓮花門
*観智院客殿
彫刻
*五大菩薩坐像(金剛薩曙煤E金剛法・金剛宝・金剛業の4躯。後世作の中尊像は指定外)
*五大明王像(不動明王・降三世明王・大威徳明王・軍荼利明王・金剛夜叉明王 の5躯)
*梵天・帝釈天像
*四天王立像
*不動明王坐像・天蓋
*弘法大師坐像
*兜跋毘沙門天立像
*僧形八幡神坐像1躯、女神坐像2躯、附・武内宿禰坐像
絵画
*絹本著色真言七祖像(絵画)
*絹本著色五大尊像
*絹本著色両界曼荼羅(伝・真言院曼荼羅)
*絹本著色十二天像 六曲屏風一双
工芸品
*密教法具
*助鞫ノ穀糸袈裟・横被(けんだこくし けさ・おうひ)
*海賦蒔絵袈裟箱(かいぶまきえ けさばこ)
*紫檀塗螺鈿金銅荘舎利輦(したんぬりらでんこんどうそう しゃりれん)
書跡・典籍、古文書
*弘法大師筆尺牘(風信帖)(こうぼうだいしひつせきとく・ふうしんじょう)
*弘法大師請来目録
*後宇多天皇宸翰東寺興隆条々事書御添状(ごうだてんのうしんかん とうじこうりゅうじょうじょうことがき おんそえじょう)
*東宝記
以上

久々の大ヒットというところでしょうか?すごい数の国宝です。
基本この'ブログでは国宝建造物と彫刻をメインに紹介していますが、それだけでもすごいでしょ?
さすが世界遺産ですね。

まず南大門をくぐり最初にあるのがこくほう「金堂」です。
東寺 金堂
国宝「教王護国寺金堂」

国宝「教王護国寺金堂」(きょうおうごこくじこんどう)
慶長8(1603)
桁行五間、梁間三間、一重もこし付、入母屋造、本瓦葺
東寺の中心堂宇で、諸堂塔のうちもっとも早く建設が始められ、東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)までには完成していたと推定されるそうです。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆で焼失し、その後1世紀近く再建されなかった。現存の建物は慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の寄進によって再建したもので、奉行として片桐且元が任にあたったそうです。入母屋造本瓦葺きで、外観からは二重に見えるが一重裳階(もこし)付きである。建築様式は和様と大仏様(天竺様)が併用され、貫や挿肘木を多用して高い天井を支える点に大仏様の特色が見られます。内部は広大な空間の中に本尊の薬師如来坐像と日光菩薩、月光菩薩の両脇侍像が安置されています。
とても素晴らしかったですよ。
金堂の奥には「講堂」が建っています。
東寺 講堂
「講堂」

金堂の背後(北)に建つ。東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)にはまだ建立されておらず、天長2年(825年)空海により着工、承和2年(835年)頃完成。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆による火災で焼失し、室町時代の延徳3年(1491年)に再建されたのが現存する講堂だそうです。
東寺 講堂 立体曼荼羅
パンフレットより


東寺 講堂 立体曼荼羅
立体曼荼羅

パンフレットより

東寺 講堂 立体曼荼羅
パンフレットより


この「講堂」の中がまたまた素晴らしいんです。
堂内の白亜の壇上には大日如来を中心とした五知如来をはじめ、五菩薩、五大明王、四天王、梵天、帝釈天の二十一躯の仏像が安置されています。
これは弘法大師の密教の教えを表現する立体曼荼羅(密厳浄土の世界)です。
講堂内の国宝彫刻は
五大菩薩坐像(ごだいぼさつざぞう)(金剛薩曙煤 金剛法・金剛宝・金剛業の4躯。後世作の中尊像は指定外)
五大明王像(ごだいみょうおうぞう)(不動明王・降三世明王・大威徳明王・軍荼利明王・金剛夜叉明王 の5躯)
梵天・帝釈天像(ぼんてん・たいしゃくてんぞう)
四天王立像(してんのうりゅうぞう)
以上です。すごいでしょ?堪能させてもらいまいた。感謝。

さらに奥に進むと「食堂」があります。
東寺 食堂
「食堂」

初代の食堂は空海没後の9世紀末から10世紀初め頃にかけて完成したと推定されるが、文禄5年(1596年)の地震で倒壊。2世紀以上後の寛政12年(1800年)にようやく再建工事が始められました。この江戸時代再建の食堂は昭和5年(1930年)に火災で焼失し、現在の建物はその後の再建で、昭和9年(1934年)に完成したものである。旧本尊の千手観音立像はこの時の火災で焼損したが、昭和40年(1965年)から修理が実施され、現在は寺内の宝物館に安置されています。

ここで気づきました。
1ページでは書きつくせないので、この続きはその二へということで。

「東寺」公式ホームページへ

拝観料 境内自由

堂塔拝観料 大人500円、高校生400円、小・中学生300円

駐車場 あります 2時間600円(その後1時間毎300円)

時間 境内自由(堂塔拝観は8:30~17:00)



より大きな地図で 教王護国寺 を表示






じゃらん.netで京都の宿をチェックする


2009.8.14 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅  
三十三間堂 六波羅蜜寺 東福寺 法性寺 西本願寺 東寺その一 東寺その二

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラダ トート
世界遺産と国宝の旅の地図 in関西 世界遺産 古都京都の文化財その八 教王護国寺(きょうおうごこくじ)(東寺)の国宝と地図その一
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。