スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

根来寺(ねごろじ)の国宝と地図

まずは「根来寺」の動画をご覧下さい。





2009.9.21 大阪府の国宝建造物探索原チャリの旅の続きをご紹介します。

「慈眼院」を後にした僕は大阪府の国宝建造物5件を全て制覇した満足感いっぱいで「さあ帰ろ」と愛車「ホンダ」TODAY」50ccに乗り込みました。
「とりあえず一山越えたえら河内長野か和泉市あたりに出るやろ」という感じで安易にバイクを走らせてしまったのです。山道を走っていると、途中「犬鳴山温泉」がありました。
「よくテレビで見るとこやなあ」などとのんきなことを思いながらさらに山中へ。
行けども行けども山道でした。いったいどれくらい走ったでしょうか。そのうちなんだかいやな胸騒ぎが。ようやく一番高い所まで来で向こう側の風景を見た時、大きな川が見えました。
「もしかしたら紀ノ川?」と自問自答しました。
間違いないと思いました。和歌山県を流れる紀ノ川です。
「やってもうた」でした。間違えて和歌山方面に来てしまっていたのでした。
だんだん標識にもそれらしき地名が出現してきました。
「どないしよ」でした。しかし今までかなりの山を登って来てしまったし。引き返すに持って感じです。
泣きそうでした。しかも軽装できているし、山の日陰がだんだん寒く感じてきました。
しかし「もう和歌山行くしかないやろ」と半ばヤケクソなきもちになったのでした。
国道24号線まで出れば何とかなると思い夢中で坂を下るのでした。
パンクやガス欠で止まったらどうしようという不安でいっぱいでした。かるい遭難です。
もうそれからのことは必死だったのであまり覚えていません。無我夢中で山を下っていました。
すると一つの標識が。「根来寺」と書いてありました。こんな緊張感の中でも冷静になっていた自分に感心します。国宝「根本大塔」のあるあの根来寺では?
思わず標識通り信号を右折そのままバイクを走らせていました。
5分ほど走ると「根来寺」がありました。

根来寺 大門
「大門」
パンフレットより






根来寺について
根来寺(ねごろじ)は和歌山県岩出市にある新義真言宗総本山のお寺です。山号を一乗山と称し、詳しくは一乗山大伝法院根来寺と号する。本尊は大日如来、開山は覚鑁(かくばん、興教大師)です。
覚ばん上人(興教大師)は、大治元年(1126)平為里により岩手荘を寄進され、この地に神宮寺をて、大小神祇一千社を勧請しました。これが根来寺の開創だそうです。上人は13才京都・仁和寺の寛助僧正について出家得度をし、京都・奈良で勉学に励み、後、永久2年(.1114)高野山に登り当時の山の実情をみて、弘法大師開創の真言密教の真髄を正しく伝える必要を痛感し、伝法院を建立し教学の興隆をはかりました。
覚ばん上人(興教大師)は、大治元年(1126)平為里により岩手荘を寄進され、この地に神宮寺を建て、大小神祇一千社を勧請しました。これが根来寺の開創であります。上人は13才京都・仁和寺の寛助僧正について出家得度をし、京都・奈良で勉学に励み、後、永久2年(.1114)高野山に登り当時のお山の実情をみて、弘法大師開創の真言密教の真髄を正しく伝える必要を痛感し、伝法院を建立し教学の興隆をはかりました。後、鳥羽上皇の院宣により、大伝法院をたてるとともに、岡田・山東・弘田・山崎の荘園を下賜され、着実にその成果を収めていましたが、覚ばんの名声があがるにつれ高野衆徒との間に不和を生じ、保延6年(1140)根来に移ることになりました。しかし、1143年上人はこの地にその生涯を閉じられました。その後、正応元年(1288)頼輸僧正が高野山から大伝法院を根来に移し、新義教学の確立という大業を成就し、学問の寺根来寺の地位を築き、所謂新義の根本道場として栄えに栄え、堂塔2700寺領72万石といわれるまでになり、真言宗三大宇山の一つとして全国から学問を志す僧侶が集まりました。また警護のための僧兵の勢力も強大となり、これが秀吉に恐れられた結果、天正13年3月(1585)根来攻め、その結果大伝法院の一角と二、三の寺院を残すのみで他は焼失してしまいました。

ここで僕の大好きな国宝のご紹介
建造物
*多宝塔(大塔)
以上

間違いなく「根来寺」でした。不幸中の幸いとでもいいましょうか。
もうここまできたら行くしかないでしょう。
早速境内へ。
駐車場から境内へ入っていくとまず右へ坂道を登ったところに「不動堂」が建っていました。
根来寺 不動堂
「不動堂」

本尊は「三国一のきりもみ不動」だそうです。
そしてその右側にある階段を上りきると「金比羅宮」があります。
根来寺 金比羅宮
「金比羅宮」

来た道へもどりさらに上へ上っていくといよいよ国宝の登場です。
拝観料を払って広大な敷地内に入るとまず「大師堂」がたっています。
根来寺 大師堂
「大師堂」

この時カメラのバッテリーがギリギリだったので写真撮ってませんのでパンフレットの写真です。
そしてその横に巨大な塔が建っています。
国宝「多宝塔」(大塔)です。
根来寺 多宝塔
国宝「根来寺多宝塔」(大塔)

国宝「根来寺多宝塔」(大塔)(ねごろじたほうとう)
室町後期、明応~天文
五間多宝塔、本瓦葺
高さ40メートル、幅15メートルの日本最大の多宝塔。「多宝塔」とは二層一階建ての塔で、通例、初層(裳階)の平面が方形、上層が円形に造られる。この塔も、初層の外見は方形ですが、初層内部には円形の内陣が造られており、円筒形の塔身の周囲に庇を付した、多宝塔本来の形式をとどめています。内部には12本の柱が円形に立ち、そのなかに四天柱が立っています。解体修理の際に部材から発見された墨書により、文明12年(1480年)頃から建築が始まり、半世紀以上経た天文16年(1547年)頃に竣工したと考えられているそうです。また、基部には秀吉に攻められた際の火縄銃の弾痕が残されています。

先ほど行った「慈眼院」の多宝塔と比べると、怪物みたいな大きさです。
見上げなければなりません。一日で最大と最小を見られるとはなんたる幸運でしょう。感謝。

さらにその奥には、「大伝法堂」が建っています。
根来寺 大伝法堂
「大伝法堂」

こちらの建物も大変大きくて立派でした。

さらに来た道をもどり山の方へ登ると「奥の院」があります。
根来寺 奥の院
「奥の院」

たくさんのお墓が並んでいました。
まだまだたくさんの建物があります。
来た道を戻り多宝塔の反対側にいくと「光明真言殿」があります。
根来寺 光明真言殿
「光明真言殿」

光明真言殿と本坊・名草御殿の間にある自然の滝と池を取り入れた池泉式蓬莱庭園の池庭(江戸時代作庭)、枯山水庭園の平庭(江戸時代作庭)、平安時代開創より遺る聖天池、以上3つの日本庭園が国の名勝に指定されています。
根来寺 庭園
根来寺 庭園2

どれも素晴らしいものでした。
その他にも
根来寺 行者堂
「行者堂」
根来寺 聖天堂
「聖天堂」

たくさんの建物がありました。

今までの疲れを忘れさせる素晴らしさでした。感謝。

以上が2009.9.21 大阪府の国宝建造物探索原チャリの旅プラス和歌山県の「根来寺」探索の旅でした。

この後なんとか息も絶え絶えに自宅へと愛車「ホンダ TODAY」50ccで帰ったのです。
24号線から橋本へ、そこから371号線で紀見峠を越えて河内長野へ。
そして外環状線で我が東大阪市まで。なんとか愛車はがんばってくれました。

めっちゃ疲れたし、途中何度も転倒の危機もありました。
しかし何とか家まで帰りついたのでした。

気がつくと140kmも走っていました。
ありがとう「ホンダ TODAY」。

時間 有料区域9:15~16:30(3月までは~16:00)
料金 大塔・大伝法堂・大師堂・光明殿・行者堂・聖天堂・名勝庭園拝観料 500円
駐車場 あります (無料)






じゃらんnetで大阪の宿をチェックする


2009.9.21 大阪府と和歌山県の国宝建造物と彫刻探索の旅
桜井神社 孝恩寺 慈眼院 根来寺

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。