スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

妙法院(みょうほういん)の国宝と地図

まずは「妙法院」の動画をご覧下さい。




2009.10.4 今年2回目の京都に行ってきました。8.14以来になります。
今回も電車と京都市バスを使っての国宝探索となりました。
2009.10.4 京都の世界遺産と国宝探索の旅と銘打ってご紹介していきたいと思います。
今回訪れたのは、妙法院、豊国神社、知恩院、慈照寺(銀閣寺)、北野天満宮、鹿苑寺(金閣寺)、大徳寺、大報恩寺(千本釈迦堂)の8ヶ所です。

それではまず、妙法院からご紹介していきます。

7時半に自宅を出発。近鉄電車で京都駅に9時頃到着。
前回同様、京都市バスの「1日乗車券」500円を購入。
この500円は本当にお得だと思います。ぜひ京都観光にはこの1枚を。

早速バスに乗り込み出発。博物館三十三間堂前で下車。
前回行った「三十三間堂」は今回はパスで。というか、前回「妙法院」に行くのを忘れていたのです。
三十三間堂と妙法院は目と鼻の先です。あとこの次紹介する「豊国神社」もすごく近かったのです。
まさに二度手間です。

そんなこんなで妙法院に到着。
妙法院 玄関
「山門」






妙法院について
妙法院(みょうほういん)は京都市東山区にある天台宗のお寺です。山号は南叡山。本尊は普賢菩薩、開基は最澄と伝えられています。
妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院だそうです。方広寺(大仏)や蓮華王院(三十三間堂)を管理下に置き、三十三間堂は近代以降も引き続き妙法院所管の仏堂となっているそうです。後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりの寺院としても知られています。天台宗の他の門跡寺院(青蓮院、三千院など)と同様、妙法院は比叡山上にあった坊(小寺院)がその起源とされ、初代門主は伝教大師最澄(767-822)とされています。その後、平安時代末期(12世紀)、後白河法皇の時代に洛中に移転し、一時は綾小路小坂(現在の京都市東山区・八坂神社の南西あたりと推定される)に所在したが、近世初期に現在地である法住寺殿跡地に移転したそうです。豊臣秀吉が造営していた方広寺の大仏殿が完成したのは文禄4年(1595年)。この年以降、秀吉は亡父母や先祖の菩提を弔うため、当時の日本仏教の八宗(天台、真言、律、禅、浄土、日蓮、時、一向)の僧を集めた「千僧供養」を「大仏経堂」で行った。この「大仏経堂」は妙法院に所属し、千僧供養に出仕する千人もの僧の食事を準備した台所が、現存する妙法院庫裏(国宝)だとされているそうです。

ここで僕の大好きな国宝をご紹介。
建造物
*庫裏
その他
*ポルトガル国印度副王親書
以上

山門から中を覗き込むといきなり立派な建物が姿を現しました。
国宝「庫裏」です。
妙法院庫裏
国宝「妙法院庫裏」

国宝「妙法院庫裏」(みょうほういんくり)
桃山時代(1573-1614)
桁行21.8m、梁間23.7m、一重、入母屋造、妻入、玄関一間、唐破風造、
本瓦葺、北面庇を含む
庫裏は寺院の台所兼事務所の役割を果たす内向きの建物です。妙法院庫裏は、豊臣秀吉が先祖のための「千僧供養」を行った際の台所として使用されたと伝える豪壮な建物だそうです。庫裏は屋根を切妻造とするものが多いが、当院の庫裏は入母屋造とするそうです。内部は土間、板間、座敷の3部分に分かれ、土間・板間部分は天井板を張らず、貫・梁などの構造材をそのまま見せた豪快な造りになっています。

素直に「かっこいい」と思うような建物です。これが「台所」ですか?立派です。
中を見られるなら見てみたかったですが、普段は公開されていないようです。

「庫裏」を正面に見て右側に「玄関」があります。
妙法院 玄関2
「玄関」


妙法院 玄関
玄関の中

少しだけ中を覗くことができました。
梁がむきだしで、天井が無いのでものすごく広く見せる建物内部です。

妙法院 唐門
「唐門」


その他の建物はちゃんと見ることはできませんでしたが、東側の境内奥には大書院、白書院、護摩堂、聖天堂などが建っているそうです。。これらの堂宇の間は渡り廊下でつながれていて、本尊普賢菩薩を安置する本堂(普賢堂)は、やや離れた境内東南方に建っているそうですよ。
妙法院 大書院
「大書院」

例によって「列島宝物館」さんから写真をおかりしています。

本当に玄関先の庭にちょっと入った程度で終わってしまった「妙法院」でしたが、「三十三間堂」に立ち寄ったならついでに寄ってみるのがいいと思います。

そんな「妙法院」を後にした僕は、次の目的地「豊国神社」へと徒歩で向かうのでした。

しかしこの続きは次回ということで。

それではまた!

拝観料 特別公開する時があるそうです。
駐車場 あります 無料


大きな地図で見る





じゃらん.netで京都の宿をチェックする


2009.10.14 京都府の国宝建造物と彫刻探索の旅  
妙法院 豊国神社 知恩院 慈照寺(銀閣寺) 北野天満宮 鹿苑寺(金閣寺) 大徳寺 大報恩寺(千本釈迦堂)

★世界遺産と国宝探索記目次へ>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀吉の探索済みの京都府の世界遺産と国宝スポット
亀吉の探索済みの奈良県の世界遺産と国宝スポット
奈良県には国宝建造物64件国宝彫刻70件があります 
奈良のお寺・神社一覧(178件)

奈良公園周辺

興福寺
2008.2.24
2009.12.26
2010.10.23

東大寺
2008.2.24(1)(2)
2009.12.26
2010.4.11
2010.12.16
2011.3.4
2011.4.9
2011.8.15
2012.1.14

正倉院

春日大社
2008.2.24
2010.12.16
2011.8.15

元興寺
2008.2.24
2012.1.14

平城宮跡
2009.12.26
2010.5.1

春日山原始林

平城京左京三条二坊宮跡庭園

新薬師寺

十輪院
2008.3.8
2012.1.14

奈良国立博物館
2009.12.26
2010.10.23



奈良南西部及び西の京
佐保、佐紀路辺り


薬師寺
2008.2.24
2010.10.23
2011.3.19

唐招提寺
2008.2.24
2009.11.8
2010.6.5(1)(2)

秋篠寺

般若寺

法華寺
2008.3.8
2010.3.22

海龍王寺


旧柳生街道

円成寺


天理市

石上神宮


奈良市西部

長弓寺

霊山寺


斑鳩の里

法隆寺 
2008.3.2(1)(2)(3)(4)
2009.12.12(1)(2)(3)(4)
2010.3.13
2010.3.22
2010.4.11

法起寺

中宮寺


葛城市

当麻寺
2008.3.2
2010.4.29(1)(2)



飛鳥 桜井

岡寺

聖林寺

長谷寺
2008.3.2
2011.4.29

安倍文殊院new


宇陀市

室生寺

宇太水分神社


五條市

栄山寺


吉野

金峯山寺
2008.3.16
2010.10.16

吉野水分神社

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの滋賀県の世界遺産と国宝スポット
滋賀県には国宝建造物22件国宝彫刻4件があります


大津市

石山寺

園城寺 
2008.4.12
2010.8.7
2011.10.29

日吉大社

延暦寺


野洲市

御上神社

大笹原神社


蒲生郡

苗村神社


彦根市

彦根城


長浜市

渡岸寺(向源寺)

竹生島 宝厳寺と都久夫須麻神社


犬上郡

西明寺


愛知郡

金剛輪寺


湖南市

善水寺

常楽寺

長寿寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの和歌山県の世界遺産と国宝スポット
和歌山県には国宝建造物7件国宝彫刻5件があります


高野山

金剛峰寺
2008.5.4(1)(2)
2011.10.20(1)(2)(3)(4)(5)

金剛三昧院
2008.5.4
2011.10.20

慈尊院と丹生官省符神社と丹生都比売神社
2008.5.4
2011.10.20


岩出市

根来寺


海南市

善福院

長保寺


日高郡

道成寺

赤字は世界遺産

亀吉の探索済みの兵庫県の世界遺産と国宝スポット
兵庫県には国宝建造物11件国宝彫刻1件があります

姫路市

姫路城


神戸市

太山寺
加古川市

鶴林寺
小野市

浄土寺
加西市

一乗寺
加東市

朝光寺

赤字は世界遺産
亀吉の探索済みの大阪府の国宝スポット
大阪府には国宝建造物5件国宝彫刻4件があります


大阪市

住吉大社
2008.3.22
2011.10.1


藤井寺市

葛井寺
2008.3.30
2010.4.18

道明寺
2008.3.30
2010.4.18


河内長野市

観心寺
2008.3.30
2010.4.18


堺市

桜井神社


貝塚市

孝恩寺


泉佐野市

慈眼院


交野市

獅子窟寺


サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。